「この件に関して、あたしが一瞬でも間違ったツイートを流し、その後、謝罪し訂正したのだけど、結構な量のお詫びしろ、という意見が来ます。具体的に明日、弁護士に(旦那だけど)相談します。あたしがやったことの謝罪として(削除・訂正・謝罪はした)適切なのはどのようなものかを」

「ちゃんと謝る方法を今、考えてますから」

「あたし、訴えられてないですが。自分の悪かったという気持ちを、どう相手に示したらいいか、相手のいることなので考えているだけです」

 人気コメンテーターとしてその発言が注目される室井氏だけに、影響力が大きいようだ。

(文=編集部)

 

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合