スマホやカーナビの「ながら運転」厳罰化、実際どこから違反に?画面注視は超危険行為の画像1
「gettyimages」より

 2019年12月1日から、自動車の運転中に携帯電話やスマートフォンを使用する“ながら運転”に対する罰則が強化された。反則金の額と減点点数が釣り上がり、事故を起こした場合は「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」の罰則が科せられ、免許停止となる。スマホの使用(保持・通話)だけでなく、カーナビも含め、画面を2秒以上注視する行為も罰則の対象となる。

 地図アプリのルート案内を利用したり、音楽を再生したりと、運転中も何かと出番の多いスマホだが、罰則を受けない範囲で安全に使うには、どうすればいいのだろうか。ドライビングインストラクターとしての活動経験もあるモータージャーナリストの菰田潔氏に聞いた。

赤信号で停止中のスマホ利用は違反?

「ながら運転」という響きから、赤信号での停止中は車が動いていないからスマホを使用してもセーフなのではないかと思ってしまう。しかし、「赤信号で停止中の使用も罰則の対象になると心得ておくべき」と菰田氏は警鐘を鳴らす。

「車が止まっているとはいえ、エンジンがかかっていて、いつでも走りだせる状態なので“運転中”であるといえます。わかりやすい例を挙げれば、道路交通法第52条では夜間運転中は前照灯をつけることが義務づけられていますが、夜間の信号待ち中に前照灯を消してしまったら、周りの車から自分の車が見えなくなり、危険ですよね。これと同じ理由で、赤信号で停止中のスマホの操作は違反になると思っておいたほうがいいです」(菰田氏)

 スマホも含む携帯電話使用等の取り締まり件数は18年に84万2199件(警察庁「携帯電話使用等の取締り状況<送致・告知件数>」より)と、多くの人が検挙されている。

 また、警察庁「携帯電話使用等に係る使用状況別交通事故件数の推移」によれば、事故件数は08年が1299件だったのに対し、17年には2832件と膨れ上がっている。今回の罰則強化も、背景には、ながら運転の弊害が無視できないレベルにまで深刻化しているという事情がある。

「信号待ち中のほんの数秒感、スマホを注視している間に小さな子どもが車の前に来ているかもしれないし、後方から自転車がすり抜けてくるかもしれない。そうした周囲の変化に気づけないまま青信号になって急発進すれば、事故を招きかねません。法律的にセーフかアウトかを論じる前に、安全運転の基本に立ち返って考えたほうが賢明です」(同)

カーナビやスマホの画面注視は超危険行為

 冒頭でも触れたが、運転中にスマホやカーナビの画面を2秒以上注視することは違反となる。国産メーカーのカーナビの場合、走行中にできる操作は画面のスクロールや拡大縮小といった単純なものに限られている。単純な操作なら、ボタンの位置さえ把握しておけば、視界は前方に向けつつ、横目でチラチラ見ながら操作したり、ルートの矢印を確認したりすることは可能だろう。

 しかし、複雑な操作となると話は別だ。スマホのナビに目的地を打ち込んだり、SNSのメッセージを読んだりするだけでも2秒は超えてしまう。では、この「走行中に画面を2秒注視する」という行為はどういった意味を持つのか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ