小池都知事、中継で学歴詐称疑惑追及の本について聞かれ憮然…笑顔から表情一転の画像1
『女帝 小池百合子』(石井妙子/文藝春秋)

 5日、東京都知事選の投票が行われ、投票が締め切られた20時、小池百合子氏の当選確実をメディアは一斉に報じた。

 その小池氏はテレビ番組『池上彰の人類vsコロナ危機~徹底検証! あの時何が起きたのか~』(テレビ東京)に中継で出演し、司会のジャーナリスト・池上氏と質疑応答を交わした。

 まず、小池氏の圧勝という予測が出ている理由について、「新型コロナウイルス感染拡大への対策が都民に評価された結果だと考えているのか」という質問を受け、小池氏は次のように答えた。

「それだけではないと信じたいです。これまで4年間にわたって『人が輝く東京』ということで、女性政策、待機児童対策、障害者対策、高齢者対策、いろいろ行ってまいりました」

 また、コロナ対策について池上氏が「選挙期間中に急に東京アラートを出したくなかったので、新しい指標を採用したのではないか」と質問すると、小池氏はこう説明した。

「それは、まったく違います。最初のモニタリングにつきましては、休業要請をするのか、解除するのか、ということが目的のための数値でございました。今回は第2波の予兆を早くつかむということと、PCR検査を受ける方々が、かつての指標では検査が厳しい、検査が受けられないという状況がございました。(略)よって、今までの指標と今回採用した指標とは、目標が違うといいますか、感染の状況と医療体制の充実と、この2つをしっかり見ていこうということでありまして」

 中継のなかでは、これまで東京アラートが出るとお台場のレインボーブリッジが赤くライトアップされていた件について池上氏が質問した際に、小池氏が「レインボーブリッジ、お好きなんですか?」とジョークを飛ばす場面も。

 さらに、国政に意欲を持っているともいわれている小池氏に、池上氏が「『4年間の任期を全うします』と、断言されなかった。今後の状況によっては、ひょっとしたら変わるかもしれないというニュアンスを、私は感じとった」と言い、小池氏が満面の笑みを浮かべて「いやいやいや、それは違いますよ」と切り返すシーンもみられた。

 しかし、そんな雰囲気が崩れたのが、小池氏の学歴詐称疑惑を追及したノンフィクション本『女帝 小池百合子』(文藝春秋/石井妙子)を池上氏が手に取り、画面に映し出したときだった。

 池上氏が「お読みになりましたか?」と尋ねると、小池氏はそれまでの笑顔から一転して憮然とした表情となり、「読む暇がございません」と回答。すかさず池上氏が「これから読む予定はありますか?」とたたみかけると、小池氏は「コロナで大変忙しくしております」と言った。

 小池氏はこれまで自著などで、カイロ大学を主席で卒業したと説明していたが、『女帝』で筆者の石井氏は小池氏のカイロ大学在学当時の知人への取材などに基づき、その経歴に偽りがあると指摘している。

(文=編集部)

 

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ