木下優樹菜の引退、事務所を激怒させた男性問題が原因か…乾との不倫疑惑も冷めずの画像1
木下優樹菜

 芸能活動を自粛していたタレントの木下優樹菜が1日、活動を再開すると発表していたが、その5日後の6日、所属事務所のプラチナムプロダクションは木下が芸能界を引退すると発表した。

 プラチナムは「今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」とのコメントを発表した。

 木下は昨年、姉が勤めていたタピオカ店経営者への“恫喝ダイレクトメール騒動”を受けて芸能活動自粛に入り、同年12月にはお笑いタレント・藤本敏史(FUJIWARA)との離婚を発表していた。

 今回、活動再開直後に引退に至った背景について、業界関係者は語る。

「プラチナムは活動再開発表後から、各方面に積極的に木下を起用してくれないかと売り込み、しっかりとバックアップしていく姿勢を見せていたことは確かです。しかし、ある時点を境にその動きがパタッと止まったんです。なんでも、木下がフジモンとは別の男性と一緒になりたいという思いがある旨を事務所に対し打ち明け、事務所サイドが激怒したことで、急転直下で契約終了が決まったという話があります」

 木下といえば今年1月、サッカー日本代表選手・乾貴士との不倫疑惑が浮上。木下サイドはコメントせず、『女性セブン』(小学館)の直撃取材を受けた乾も明確な回答を避けていた。その相手男性とは乾なのだろうか。

「木下と乾が交際していたのかはわかりませんが、事実関係については事務所が木下にヒヤリングをしたことはあったようです。既婚者である乾が離婚したという情報はなく、現実問題としてすぐに2人が一緒になることはできないでしょうが、木下が一方的に思いを走らせてしまっているのではないかという説も流れています。タピオカ騒動の件もあり、フジモンはとにかく2人の娘さんが心配だということで、わざわざ木下親子が住む同じマンションの別住戸に引っ越して、かいがいしく娘さんの世話をしているんです」

 また、引退のきっかけについて、テレビ局関係者はいう。

「6日配信の『デイリースポーツ』記事内でタピオカ店経営者が、木下からの謝罪は1度もなく、法的措置を準備している旨を明かしているように、両者の間では和解どころか話し合いは進んでおらず、木下本人は本心では悪いことをしたとすら思っていない節がある。そんななか、木下がこれ以外にも別の人物との間にトラブルを抱えていることがわかり、さすがに事務所も庇いきれないということで匙を投げたと聞こえてきます」

 木下の周辺をめぐっては、しばらく騒々しい状況が続きそうだ。

(文=編集部)

 

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ