木下優樹菜、複数男性と乱倫不倫か…乾以外にも30代俳優やグループメンバーも浮上の画像1
木下優樹菜

 芸能活動を自粛していたタレントの木下優樹菜が1日、活動を再開すると発表していたが、その5日後の6日、所属事務所のプラチナムプロダクションは木下が芸能界を引退すると発表した。

 木下は昨年、姉が勤めていたタピオカ店経営者への“恫喝ダイレクトメール騒動”を受けて芸能活動自粛に入り、同年12月にはお笑いタレント・藤本敏史(FUJIWARA)との離婚を発表していた。

 今回、活動再開直後に引退に至った背景について、芸能事務所幹部はいう。

「もともとタピオカ騒動の相手方との話し合いがついていない状態での復帰は、プラチナムも好ましく思っていなかった。一方、シングルマザーで2児を育てていかなければならないという木下本人の思いが強く、事務所としては本人の勢いに押されて渋々宣言したという経緯だったようです。ですから、事務所の発表文書にも『ご理解ください』と書かれていました。

 再開発表後に事務所と木下の間で復帰後について本格的な話し合いが行われ、その際に事務所サイドがもっとも懸念していた日本代表サッカー選手、乾貴士との不倫疑惑について改めて尋ねたところ、どうやら木下が事務所に対してずっとウソをついていたことがわかったようなんです。話を聞けば聞くほど、おかしな点がいろいろと出てきた。それで事務所も木下をこれ以上庇いきれないということで匙を投げたみたいです」(7月8日付当サイト記事より)

 さらに木下には、別の不倫疑惑も浮上している。8日付「スポニチアネックス」は、木下が男性グループメンバーと関係があったと報道。さらに同日付「サンケイスポーツ」ウェブ版は、木下が30代の俳優と交際していた疑いが浮上していると報じている。

「木下の引退が発表された直後から、木下が事務所との話し合いのなかで乾との交際を否定しなかったことで、事務所も見限ったという情報が広まっていたのは事実です。報じられている『男性グループメンバー』と『30代俳優』が同一人物なのかはわかりませんが、乾以外の男性とも不倫していた男性がいたとなれば、呆れた乱倫ぶりですよ。おそらくまだ離婚前に藤本との関係が冷え切っていた頃のことだとは思いますが、それでも擁護のしようがないですよね」(週刊誌記者)

「事務所が激怒するのは当然」

 プラチナムが木下の引退を発表したコメントのなかには「当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し」という記述もあるが、そこに事務所の忸怩たる思いが見え隠れするという。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ