梶原雄太、芸能界を干される可能性も…大御所黒沢年雄にも噛みつく無礼千万の画像1
YouTubeチャンネル「カジサック」より

 お笑い芸人でユーチューバーとしても活躍する梶原雄太(キングコング)が、レギュラー出演していた関西の2番組、『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)を降板したことに関連し、あらたな騒動の火種が出てきた。

 “関西お笑い界の女帝”の異名を取る上沼恵美子がMCを務めているこの2番組を6月いっぱいで梶原が降板したが、その理由について上沼は6月29日放送の『こころ晴天』内で「梶原君がね、『東京からしんどい』っていうことで、行ったり来たりが。忙しくなってきてるしね。YouTubeからなんから」「私も突然聞かされて、“へぇっ”と思ってるんですけども」と語り、梶原が忙しくなったためとの見解を示した。しかし、梶原は自身のツイッター上で、「『忙しくなって東京から行くのがしんどくなったから卒業した』と僕が言った事実はございません」と述べ、上沼の発言を否定。

 関西のテレビ局関係者は、梶原の発言が大きなトラブルを起こしかねないと懸念する。

「上沼は梶原が仕事もなく苦労しているときから可愛がり、自身の番組に出演させるなど面倒をみてきました。梶原自身も上沼に恩を感じていたはずで、非常に良い関係にあると思われてきました。しかし、事前に相談せず、突然降板したということから、何かしら2人の間に軋轢が生じているのではないかと懸念する声があがっています。また、上沼が『梶原君は忙しいから』と、降板理由をオブラートに包んでいたにもかかわらず、それを否定したことで、トラブルが起きたことによる降板であるとの観測を強める結果になっています」

 この梶原の降板劇に対し、俳優の黒沢年雄は6日のブログで『快傑えみちゃんねる』に「何十回も出演している」立場から、「上沼恵美子さんと、キングコングの梶原君(何度も、ご一緒しています)が、番組内の事で、ゴチャゴチャしている」として、交友のある2人に関して持論と展開。

「梶原君は、お笑い芸人なんだから、上沼さんに、何を言われようが、受けてたって、会話で負けたら、最後に、本気でワンワン泣いて演技したら、番組が盛り上がり、その後の上沼さんの、フォローが見事にハマり、梶原君の、芸人の素晴らしさが評価されたと思う…。折角の芸人としての、立場のチャンスを逃したね。その場を、上手く演技して、振る舞えてたら…。上沼さんの性格からして、益々君を、いじり倒して、今後も、君を起用したと思う。上沼さんと梶原君の、器の差が出たね」

 週刊誌などで、梶原が番組内で上沼の“いじり”をうまく返せずビビッてしまい、お笑い芸人として役に立たなかったと報じられたことを受けての発言と思われるが、これに対して梶原は不快感を示した。

 梶原は7日、自身のツイッターで「事情を知らなくて、現場にも居なくて、芸人でもないのに、、、このような事を言われると非常に悲しいですね」と綴り、黒沢の発言が的外れとの見解を示唆した。

 このツイートを見たフォロワーたちからは、「芸人でもないのに、とか大先輩に対して使う言葉ではない」「なぜ黒沢さんに噛みつく必要があるのか」「芸人なら笑いにして返すべきところだろ」など、梶原の発言が不適切だと批判する声が続出。

「黒沢さんは、最近でこそバラエティ番組などに出演して“天然キャラ”のタレント然としていますが、芸歴50年を超える名俳優です。そんな大先輩の苦言に対して反抗的な発言をしたことで、梶原は芸能界での立場をあやうくしかねないです」(芸能記者)

 また、「去年も宇野常寛に失礼な絡みをしてたし、そもそも人間関係の築き方に問題があるんじゃないのか」と指摘する声もある。

 梶原は昨年2月、評論家の宇野常寛氏とイベントで共演した際にトラブルを起こしている。宇野氏はツイッターで「昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った」と怒りをあらわにした。

 宇野氏は梶原から現場で「みんながおもしろくなるためにした」と形式的な謝罪を受けたものの、のちに所属事務所を通じて「芸人として当たり前のことをしただけだから特に謝罪しない」との見解が届いたと明かし、「大組織に守られると途端に態度がデカくなるんだと思った」と誠意のない対応に嫌悪感を示した。

 梶原は“カジサック”の名でユーチューバーとして2018年10月から活動し、YouTubeの世界では成功した。だが、芸能界では居場所をなくしかねない事態になってきている。

(文=編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ