NEW

ダイソー、今買ってはいけない商品4選…壁紙用フック、聞き取れないUSBミニスピーカー

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

ダイソー、今買ってはいけない商品4選…壁紙用フック、聞き取れないUSBミニスピーカーの画像1
ダイソーの店舗

 100円ショップ業界でも最大勢力を誇っている「ダイソー」。多種多様な新商品が日夜生み出されているうえ、その商品品質も格安価格に見合わない高水準なものとなっており、人々の生活に欠かせない存在となりつつある印象だ。

 こうした企業努力のおかげか、その店舗数も同業他社の間ではトップを維持しており、今年の2月末日時点で、直営・代理店含め4340店、海外では26の国と地域で2248店という数を記録している。

 衰え知らぬダイソーは、今年の夏も、さまざまな便利アイテムを安価で展開している。しかし、なかにはうっかり購入すると後悔しそうな商品もちらほらと見受けられるのだ。今回も我々「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」はそうした商品を独自にリサーチ。「この夏、買ってはいけないダイソーの残念グッズ4選」を選出した。

壁紙用フック 4個/110円(税込、以下同)

 夏の衣替えで壁紙を張り替え心機一転! なんて人もいるだろうが、そんな張り替えたばかりの壁紙に、この「壁紙用フック 4個」はオススメできない。

 というのもこの商品、利点よりも欠点のほうが多いといわざるを得ない商品なのだ。一つ目の欠点は貼れる壁面が少ないことだ。ビニール製以外の壁紙では使用できず、タイル、布、繊維、ブロックなどは総じてNG。2つ目は、そんな貼り付け可能な壁面でさえ、剥がした後に接着剤のシミが壁面に残ってしまう危険性があるのだ。

 そして3つ目は、実際のユーザーから“そもそも接着剤が硬化していて絞り出せない”などの声が挙がっている点だ。もちろんこの欠点は商品の経年劣化によるもので、すべての商品に該当するわけではないだろうが、端から見ただけではそうした劣化は見分けづらいのも事実。総評すると、無理に買う必要はないといえるだろう。

型くずれ防止 セーター干しネット/110円

 今年の夏、サマーセーターでオシャレを楽しみたい人も多いことだろう。しかし洗濯の際に通常のハンガーでは型くずれしてしまうこともしばしば。そんな時に専用の物干しアイテムは重宝するものだが、ダイソーの「型くずれ防止 セーターネット」には要注意だろう。

 物干し竿にフックを引っ掛け、6本の紐が伸びたネット部分でセーターを干すこのアイテム。干すこと自体に欠陥があるわけではないのだが、フック部分と紐が固定されていないので、バランスを取るのに毎回微調整を強いられるのだ。

 おまけに、使い終わった時に折りたたんでコンパクトにできる機能が付いているのだが、この収納作業が難関。八の字にねじるように収納するのだが、強力な張力がネット部分に働いているので油断するとボン! と開いてしまうのだ。使用するにあたって、なにかとストレスが多いこの商品。本来の役割は全うしてくれるため、気にならない人にとっては気にならないのだろうが、念のため注意喚起をしておきたい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ