ローラ、「胸の先が見えた」とファンが大騒ぎ…SNSで恥ずかしい失態をさらした芸能人3人の画像1
ローラのInstagram「rolaofficial」より

 インターネットが発展を遂げた半面、後を絶たないのがSNS上での失態だ。先日も、人気お笑い芸人のせいや(霜降り明星)が、「文春オンライン」に“ZOOMセクハラ”を報じられたばかりだ。

 6月18日配信の同サイト記事によると、せいやはSNSでナンパした既婚女性と通信アプリ・ZOOMを使ってオンライン飲み会を実施。ところがその最中、モニターごしに自身の局部を見せたという。それだけでも十分恥ずかしいが、せいやの行動はエスカレート。なんと一人でコトに及び、記事ではその様子をキャプチャーした画像も掲載されてしまった。

 ネット上では批判の声が巻き上がり、「たとえ芸人でもこれはアウト!」「セクハラキャラとは思ってなかったから残念」など、多くの反応が巻き起こった。なお、直撃取材を受けたせいやは、「ハメられました!」「ハニートラップです」と釈明している。

 今回は、せいやのように、SNSで恥ずかしい大失態を犯した芸能人をピックアップしよう。

指原莉乃

 Twitterで盛大にやらかしてしまった元HKT48の指原莉乃。騒動が起こったのは、自著『逆転力 ~ピンチを待て~』(講談社)が発売された2014年8月のこと。突如、彼女のTwitterに「逆転力読んだら彼氏できました!!!! さっしー大好き! ありがとう!!! 逆転力最高!!!!」というコメントが投下された。

 その直後に指原は「アカウント間違えたよ」とツイート。別のTwitterユーザーから「お前自演すんのやめろよ。恥ずかしくねーのか?」と指摘を受け、「恥ずかしすぎるわ」と素直に答えていた。指原の自作自演騒動が話題になる一方で、ネット上には「本の宣伝狙ってわざと仕掛けたんじゃない?」「騒動になることまで見越した自演だったらマジ尊敬する」と勘繰る声があがった。ちなみに、この一連の投稿は、現在も削除されずに閲覧可能となっている。

ローラ

 続いてはInstagramに投稿した動画がファンの論争を招くことになったローラ。彼女は2017年6月に動画投稿機能「ストーリー」に、ジムへ急ぐ短い映像を投稿。トレーニングウェアのトップスはなんとも窮屈そうな印象で、豊満なバストが今にも溢れるのではないかと心配になるほどだ。その矢先、胸元からバストトップらしき影がちらりと映り込んでしまう。

 画面に映ったのはごくごくわずかな瞬間であり、それが本当にバストトップだったのか、真偽は不明。しかしローラの胸元は際どいラインまでオープンな状態にあるため、「ハプニング認定していいと思う」「まさかInstagramでこんなラッキーな瞬間に出会えるとは」とファンを喜ばせることになった。一方、動画には「GYMちこくしちゃう~」と文字が入力されており、「気づかずに編集して投稿するなんてことある?」と疑問を呈する声も見られた。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ