本当にあったタクシー乗り逃げの手口…わざと転ぶ車内人身事故はドラレコに証拠映像がの画像1
「gettyimages」より

 タクシーでは、車内で起きた暴力事件がたびたび報道される。つい先日も、乗客がドライバーに暴力を振るう様子を収めたドライブレコーダーの映像がワイドショーで放送されていた。

 あるドライバーは、六本木で乗せた無職の客に「急いでっから、早く行かないと殺すぞ」と言われたという。「殺すなんて脅迫罪だ」と反論したところ「何? てめぇ、この野郎!」と怒りを買い、ボコボコに頭を殴られたそうだ。病院に行くと、CT画像で出血が見られないので診断は全治1週間で、相手の不起訴は確実となった。ちなみに、全治3週間以上だと示談金や罰則が高くなると言われている。

 医師は「タクシードライバーは示談金目的で症状を重く申告する人が多い」ということで、重い診断にはしないことも多いという。起訴も罰金刑もないとなれば、お金のない無職の乗客が示談交渉に応じるはずもない。そのドライバーは7万円の治療費を自腹で支払い、泣き寝入りをしたという。いくら示談交渉をしたとしても、相手にお金がないので払ってもらえない可能性が高い。また、初犯の場合は罪も軽く、特に医師の診断書が全治2週間未満では不起訴の場合も多いので、結局やられ損になってしまう。

嘔吐、イチャモン、当たり屋…

 暴行はそうあることではないが、タクシードライバーにとってもっとも多いトラブルが、車内での嘔吐だ。個人タクシーの場合は個人事業主であり、車を汚されたら当日はもちろん、状態によっては翌日以降の営業も難しくなるので、数万円の清掃料を請求する人もいる。あるドライバーは、嘔吐で本革の高級シートが張り替えとなり、乗客に15万円ほどを請求したそうだ。

 しかし、法人タクシードライバーの場合、会社の方針で車内に嘔吐されても清掃代を請求しないというケースが多い。乗客としては「吐いてしまったのにお金を請求されなかった。いい会社だね」となり、タクシー会社のイメージ向上となるためだ。

 しかし、運転手にとってはたまったものではない。たいていの場合は嘔吐されたら1日の営業が終了する上に、自分で掃除するか、それが嫌なら5000円ほど払って専門の業者に頼むことになる。私も経験があるが、1日の売り上げを大幅に失うばかりか、汚物を清掃する際のやるせなさは相当なものだ。乗客が多くいる年末などは「泥酔者を乗せない」ドライバーも少なくない。

 少し前に都内で多発していたのが、お客さんを乗せてドアを閉めた瞬間に「ドアにメガネが挟まって壊れた、弁償しろ」というものだ。気が弱いドライバーの場合、会社に報告して面倒なことになるのを嫌って、その場で1~2万円を払ってしまうことも多かったらしい。しかし、ドライバーが「警察と営業所に報告して、賠償の話はその後で」と伝えると、その客は逃げるように降りていったという。

 似たような例として、新宿・歌舞伎町あたりの繁華街で、わざとタクシーに体をぶつけて「今ぶつかったろ、痛むから賠償しろ」という当たり屋も出没していた。これも、やはり警察対応を申し出ると逃げるように立ち去ってしまったが、警察に届けずにいて、相手が「この前の事故で体が痛い」などと連絡してきたら、運転手は「ひき逃げ」扱いになりかねない。そうなると免許取り消しとなり仕事を失うので、必ず警察の現場検証を受けなくてはならない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ