木村拓哉が歌うマクドナルド新CMに酷評の嵐「イラッとするわ」「ウザいおじさんの典型」の画像1
マクドナルド公式(McDonald’s) – YouTube」より

 木村拓哉が出演する日本マクドナルドの新CM「ちょいマック『ドライブスルーの歌』篇」が、7月7日から放送されている。ひとりで車を運転中の木村が「ドライブスルーでちょいマック~。ドライブスルーでちょいマック~」と身をよじらせながら歌いつつ、マクドナルドのドライブスルーへ入っていく。そして、「なんだ、この歌」と苦笑いする……という内容だ。

 このCMに「キムタクかわいい」「独特の歌が頭から離れない」「全力で“木村拓哉”をやってる感じがスゴい」といった声が上がる一方で、「これ見るたび、ちょっとイラッとするわ」「こんな人いたら、ウザいおじさんの典型」「そういう設定なんだろうが、自分に酔ってる感がハンパない」「あまりの歌の下手さに思わずテレビを見てしまった」といった声も噴出している。

 同CMには15秒と30秒のバージョンがあり、30秒バージョンでは「スルー、スルー、スルーを~、マックのドライブスルーを~、ちょい、ちょい、ちょいマック、ちょいマックスルー」などと“前奏”も入っており、ネット上では「長尺版はさらに地獄」「聞いてて恥ずかしくなるわ」「これ見て“マック行こう!”ってならないよね」と不評を買っている。

 木村は「ちょいマック」などマクドナルドの定番商品のアンバサダーとして、年間を通してさまざまなCMに登場している。何かと注目度の高い木村だけに、視聴者の反応も過敏になっているようだ。

「以前には、CM内でビッグマックをほおばる姿に対して『持ち方が独特すぎる』『“キムタク持ち”をやってみた』とネット上で話題になりました。慣れないと難易度の高い持ち方なのですが、彼は20代の頃からやっていたようで、自分にとっては当たり前のことが注目されて話題になってしまうこと自体、スターの証といえそうです。

 今回の新CMも“キムタク感”全開のシチュエーションゆえに、賛否両論を呼ぶことになったのではないでしょうか。とはいえ、天下のキムタクも今年で48歳ですからね。若いときと同じような振る舞いに『無理がある』という声が上がるのも仕方ないでしょう」(週刊誌記者)

 木村といえば、今年5月に「新たなコミュニケーションツールとして、ここの場をお借りして、今後色々と発信していきたいと思います」とインスタグラムのアカウントを開設した。その後、さまざまな投稿をしているが、「絵文字や顔文字の使い方がおじさんっぽい」「おっさんが書く文章っぽくて逆にリアリティがある」と話題になるなど、常に注目の的となっている。

「そのため、『いかにもSNSデビューしたおじさんって感じ』『さすがにもう中年だもんな』といった声が上がりましたが、近年は“相変わらずのカッコよさ”を誇る木村に対して、ネットユーザーが“オヤジ化”を指摘するといった攻防がずっと続いています。最近のインスタでは、大きなマスクとサングラスにカラフルなTシャツ姿の写真や、ドラマ撮影中のフェイスシールドを着用している写真がファンを喜ばせていますね」(同)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ