長澤まさみ、綾瀬はるか、乃木坂は大丈夫?歴史に残る大爆死「ドラマの映画化作品」4作の画像1
人気テレビドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。(画像は公式サイトより)

 新型コロナウイルス禍で公開が延期になっていた、長澤まさみ主演映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が7月23日に公開される。こちらは、興収29.7億円を記録したヒット作『コンフィデンスマンJP ロマンス編』に続く、フジテレビ系人気テレビドラマの映画化第2弾だ。

 近年はドラマの映画化作品が増加傾向にあり、『今⽇から俺は!!劇場版』(7⽉17⽇公開)、『劇場版 ひみつ×戦⼠ ファントミラージュ! ~映画になってちょーだいします~』(7⽉23⽇公開)と、7⽉以降公開予定作にもゴロゴロしている。

 また、公開日は未定(7月10日現在)だが、綾瀬はるか主演の『劇場版 奥様は、取り扱い注意』、乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月、さらに浜辺美波も登場する『映像研には手を出すな!』(9月25日公開)も控えている。

 同じテレビドラマの映画化といっても、いわゆる“月9作品”である『コンフィデンスマンJP』のようなメジャー作から、知る人ぞ知る深夜ドラマの劇場版まであるので、予算や公開規模はさまざまだ。また、最近は映画制作ありきで、その事前プロモーションも兼ねて、深夜に前日譚に当たるドラマを放送するケースも目立っている(コミックの原作モノに多い)。

170億超の“おばけヒット”の『レインボーブリッジを封鎖せよ!』

 いずれにしても、テレビドラマの映画化というのは、オリジナル作品をプロモーションするより効率がよく、公開前にある程度の動員が見込めることから、昔から特に珍しいものではなかった。ドラマ放送時点で熱いファン層が生まれていれば、大バケする可能性も高い。

 過去の大成功例を興行収入とともにいくつか挙げておきたい。

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年/173.5億円)
『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年/93億円)
『ROOKIES -卒業-』(2009年/85.5億円)
『HERO』(2007年/81.5億円)
『THE LAST MESSAGE 海猿』(2010年/80.4億円)
『花より男子 ファイナル』(2008年/77.5億円)

……といった具合である。冒頭で興収29.7億円の『コンフィデンスマンJP ロマンス編』をヒット作としたが、これらのメガヒット作品に比べれば、小ヒットの部類だろう。

 しかし、何事も過ぎたるは及ばざるが如し。当然、乱発しすぎるとなかにはコケてしまう作品もある。ここでは、テレビドラマの映画化作品のなかでも強烈な失敗例をいくつかピックアップしてみたい。

鈴木京香の勝負作『セカンドバージン』も劇場版は惨敗

 NHKのドラマの映画化というのは珍しい。そんなレアケースの1本が見事にコケた。鈴木京香主演の『セカンドバージン』である。2010年10月よりNHK総合で22時台に放送された(BSハイビジョンでも18時台に放送)ドラマ版は、当初は苦戦を強いられたが、回を追うごとに視聴率が上がり、12月14日放送の最終回に最高視聴率(11.5%/ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。NHKのこの枠のドラマとしては、極めて反響が大きい作品だった。だが、その熱気は長続きしなかった。

 2011年9月に、鈴木京香、長谷川博己、深田恭子らドラマと同じ出演者、同じスタッフによる映画版が公開されたが、本放送時の盛り上がりの再現ならずで、興収は4億2600万円にとどまった。

長澤まさみ、綾瀬はるか、乃木坂は大丈夫?歴史に残る大爆死「ドラマの映画化作品」4作の画像2
アミューズソフトエンタテインメントから2012年に発売された『セカンドバージン』DVDジャケット。(画像はAmazonより)

長渕剛のライフワーク『とんぼ』も無残に撃沈

 長渕剛の人気絶頂だった1988年に放送されたテレビドラマ『とんぼ』(TBS系)は、平均視聴率18%のヒット作。同名主題歌も大ヒットした。長渕が演じたのは、反社会的勢力に属する主人公・小川英二。本人はこの役に相当入れ込んでいたといわれる。しかし、続編はすぐに制作されず、実現したのは約9年後の1997年のことだった。単発2時間ドラマ『英二ふたたび』として、TBSではなくなぜかフジテレビ系で放送されている。これは極めて珍しい形であり、いろいろと面倒なアレコレが背景にあったことが推測できる。

 そして、それから2年後の1999年に、これまで同シリーズを手掛けてきた黒土三男の監督、脚本により『英二』というタイトルで劇場版が制作された。

 作品に対する思い入れが強かった長渕は、演出について盟友だった黒土と確執を起こすほどにこの作品にのめり込んでいたといわれる。しかし、さすがにオリジナルからブランクが開きすぎた。時代の空気はすっかり変わってしまったのだろう。興収はわずか2.5億円と大惨敗に終わった。

長澤まさみ、綾瀬はるか、乃木坂は大丈夫?歴史に残る大爆死「ドラマの映画化作品」4作の画像3
東映から2005年に発売された『英二』のDVDジャケット。テレビドラマ『とんぼ』のその後が描かれている。(画像はAmazonより)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ