NEW
鈴木尚子「片付け下手必見!元片付けられない女が教える片付け下手からの脱出法」

片付けられない人は、片付け始める“前”に原因があった!まず理想&目的を視覚化せよ!

文=鈴木尚子/SMART STORAGE代表取締役、マスターライフオーガナイザー
【この記事のキーワード】

, ,

 片付けられないと嘆く方の多くは、片付けのステップをその通りにやらずに、自己流にしてしまうことも敗因の一つかもしれません。「全部出すの面倒くさいよな〜、それよりも100均行って収納グッズ買ってこよう〜♪」といった感じです。

 片付けの3ステップは、

1.選ぶ

2.収める

3.維持する

です。

 しかし、その行動の3ステップの前にやっておきたいことがあるのです。「考える」ことが大切。これが片付けのモチベーション維持につながり、行動しやすくするのです。

片付けられない人は、片付け始める“前”に原因があった!まず理想&目的を視覚化せよ!の画像1

「理想の暮らしはどんな状態なのか?」

 考えておくべきことのまずひとつ目は、

「どんな暮らしがしたいか?」

「片付けた後、どうなったら自分自身が、家族が心地よいのか?」

ということです。

「片付けに追われることなく、休日は気兼ねなく家族と出かけたい」

「子供が自分で自分の支度をできるようになってほしい」

「夫が自分で簡単な食事の支度をできるようになってほしい」

「旅行から帰ってきて、すぐに片付けが終わるよう仕組み化したい」

「モデルルームのような素敵なインテリアと、何も外に出ていない状況を手にしたい」

 片付けられるようになることが重要なのではなく、その先の暮らしを豊かにすることです。片付けたい理由や、その後の希望というのは、家ごとに違いますから、まずは願望をしっかりと明確にすること。

 例えば前述の「子供が自分で自分の支度をできるようになってほしい」では、子供のものが子供の目線上にあり出し入れがスムーズで難しくないことが大切。よくいる場所にランドセルラックを置いたり、目につくところにおもちゃ収納を用意する必要があるため、見た目よりも機能を優先させねばなりません。

 ですが、「モデルルームのような素敵なインテリアと、何も外に出ていない状況を手にしたい」ならば、今ある収納の中にものが収まるべく、ものの数を思い切って減らし、多少の手間があっても収納の中に適切に収める必要があります。多少手間があってもビジュアル優先になるわけです。

 というように、片付けと一言で言っても「理想の暮らしはどんな状態なのか?」を明確にすることが重要です。

脳内質問

 また、2つ目は「今、自分が何に困っているのか」を理解すること。SNSや収納の本で見た素敵な収納を真似しても、そもそもの自分の悩みが解決しなければ生活は楽にはなりません。まずは自分のストレスに耳を傾けることから始めましょう。

片付けられない人は、片付け始める“前”に原因があった!まず理想&目的を視覚化せよ!の画像2

「何に困っている?」

「何にストレスを感じている?」

「キッチンの作業スペースがない。それはなぜ?」

「作業スペースに出しっぱなしのものが多いから。ではどうしたらいい?」

「キッチンの他のスペースにそれらを入れる場所をつくる必要がある。ではどうしたらいい?」

「今あるものを2割減らして、出しっぱなしのものをしまえるようにする! いつまでに?」

「今月末に友達を家に招きたいからそれまでに」

片付けられない人は、片付け始める“前”に原因があった!まず理想&目的を視覚化せよ!の画像3

 こうした脳内質問が必要なのです。この脳内質問は、できれば紙に書いて視覚化してください。その前に各所の写真を撮ることをお勧めします。写真を撮ることで客観的に見ることができます。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合