TOKIO、長瀬智也以外の3人でCMが物議…脱退→退所が現実味、Xデーは来年かの画像1
長瀬智也

 TOKIOがCMキャラクターを務める「ふくしまプライド。」の新CMの放送が7月15日から始まった。

 同CMは福島県産の農林水産物をアピールする内容で、東日本大震災の翌年から始まった。9年目となる今回、TOKIOメンバーのうち、城島茂出演の『桃』篇、松岡昌宏出演の『カツオ』篇、国分太一出演の『夏野菜』篇が放送されることになった。

 このCMに出演するのが“3人”ということもあり、ファンを中心にインターネット上で物議を醸している。

「長瀬智也は昨年来、周囲に退所の意向を漏らしているといわれています。TOKIOのメンバーだった山口達也が不祥事を起こしてグループを脱退したことで、音楽活動ができなくなったことが大きな要因です。TOKIOで音楽活動をすることに強いこだわりを持つ長瀬にしてみれば、音楽活動ができないのであればTOKIOにとどまる意味がないと考えているようです。同じように、元関ジャニ∞の渋谷すばるも自身の考える音楽活動にこだわり、脱退&ジャニーズ退所の道を選びました」(芸能記者)

 長瀬の脱退が囁かれ続けるなかで長瀬以外の3人でCMがつくられたことから、「長瀬の脱退が現実味を帯びてきた」「もうTOKIOとして長く活動するつもりはないという意思表示か」などと推測する声が飛び交っている。

「長瀬は藤島ジュリー景子社長にとってお気に入りで、事務所側は必死に引き留めを画策しているようです。しかし、退所は避けられないところまできているとみられています。来年にも退所との見方が強まっています」(同)

 渋谷のほか、錦戸亮、今井翼、中居正広、手越祐也など、ここ数年、ジャニーズを退所するとの事前情報が出ていたタレントは、その情報通りに事務所を辞める道を選んでいる。長瀬が退所を発表する日も近いのかもしれない。そしてそれは、TOKIOの解散につながるとみられている。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ