小倉優子、2度目の離婚確実か…元夫&現夫も逃げ出したものすごい性格、後輩に悪態の画像1
小倉優子

 16日発売の「女性セブン」(小学館)は、タレントの小倉優子のもとに、夫で歯科医師のAさんの代理人弁護士から離婚届が送られてきたと報じた。2人は3月に別居が報じられていた。

 小倉は2018年12月にAさんと交際6カ月で再婚し、今年2月には第3子妊娠を発表。その翌月の別居報道となり世間を驚かせた。

「当初、一部の週刊誌やスポーツ紙は別居の理由について、Aさんが小倉に対して専業主婦になることを要求したことで夫婦間にすれ違いが生じ、Aさんが昨年12月頃に家を飛び出したと報じました。小倉の所属事務所は木下優樹菜のタピオカ騒動で“事務所総出”が話題になった事務所ですが、複数のメディアがほぼ同じ内容を報じたため、事務所が懇意にしているメディアに情報を流したとみられていました。

 事務所としては『Aさんは妊娠中の小倉を置いて出て行った』『芸能界を引退して専業主婦になることを望んだ』『小倉はAさんとの復縁を望んでいる』という情報を流すことで、もし離婚になっても“Aさんに非がある”というイメージをつくっておきたかったのでしょう。そして実際に小倉への同情の声も広がりました。

 しかし、即座にAさんがテレビの情報番組の取材に応じるかたちで、仕事をやめてほしいと言ったという報道を否定。『流れとしては私が最も望まないかたちになっている』『私自身も本当にどうなってしまうか、わからない状態です。詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょうし、子供をより傷つけることになるので、あまりたくさんお話することができなくて申し訳なく思っています』などと語ったことで、一気に形勢が変わりました」(週刊誌記者)

 小倉といえば、2011年に人気ヘアメイクアーティストの菊池勲氏と結婚し、長男と次男をもうけたものの、17年3月に離婚しており、もし今回復縁がかなわなければ2度目の離婚となる。

「元カレである濱口優も小倉のことを『気が強い』と明かしていましたが、“コリン星人”キャラでフワフワしたイメージと裏腹に、とにかく気が強いというのは有名です。小倉のママ友であるギャル曽根も以前、小倉との待ち合わせに少し遅れただけで一日中口をきいてくれず、絶対に小倉を怒らせてはいけないと思ったと明かしていました。元夫に加え、穏やかな性格だと評判のAさんも、そんな小倉の性格に耐えられなかったということでしょう。

 また、かなりのしっかり者であることも確かで、アイドル時代から焼肉屋をプロデュースしたり、アバンギャルドからアヴィラ、アヴィラからプラチナムという事務所の移籍の仕方も見事。前夫と結婚してからは料理教室にも通い、ママタレにシフトする準備も怠っていませんでした。そもそも前夫もAさんもセレブ男なので、伴侶選びにもその計算高さがうかがえます」(前出と別の週刊誌記者)

小倉優子の夫、離婚への強い意思

 また、かつて小倉と同じ事務所に所属していた後輩女性タレントは、次のように語る。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ