『ぶらり途中下車の旅』『じゅん散歩』3密回避で異常事態に…散歩&旅番組が消滅危機の画像1
ぶらり途中下車の旅|日本テレビ」より

 新型コロナウイルスの脅威が続くなか、さまざまに形を変えつつあるバラエティ番組。しかし、なかにはスタイルを変えづらい番組もある。そのひとつが、外を出歩き、人と触れ合う散歩番組や旅番組だ。今、それらはいったいどんな状況になっているのだろうか。まずは、高田純次による平日朝の人気番組『じゅん散歩』(テレビ朝日系)だ。

「現在、高田は透明のフェイスガードをつけて散歩しています。一見、奇異に映る姿ですが、それも仕方ないでしょう。ただ、この番組は、はっきり言ってしまえば“適当発言”をかます高田のショーを見るという側面もありますから、人との触れ合いを避けて通ることもできます」(芸能ライター)

“途中下車”のシーンが編集で全カット

 旅人がマスクをしながら歩いているのが、28年続く『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)だ。同番組では、特に人との距離や消毒に関して、かなり気をつけているようだ。

「7月11日の放送では、元フジテレビアナウンサーの小島奈津子がガラス工芸品の店に立ち寄ったのですが、同じくマスクをした店主から『消毒だけしていただければ』と言われ、店先に入ったところで手指を消毒。入店後も、店主は一切カウンターから出ず、ソーシャルディスタンスを保ったまま接客していました。

 小島が店内に陳列されている品物を見るときも店主は近づかず、小島はひとりでリポートしていました。また、店主が数センチしかない小さいサンプルを取り出したときも、小島は一切近寄ることなく、遠目で眺めるばかり。通常なら手に取って感触を確かめるはずですが、そうしたリアクションは“封印”されてしまっていました」(同)

 また、小島が飲食店に立ち寄った際も、店主は奥のキッチンから出ることなく、数メートル離れて接客していたという。

「気になったのは、料理が完成した後です。店主が小島のいるテーブルまで持って来たはずなのですが、オンエアでは、客席に近づく様子は編集でカットされていました。さらに違和感を覚えたのが、これまでは必ずあったはずの『駅に向かい、電車に乗り、そして下車する』という一連の流れが、すべてカットされていたことです。代わりにあったのは、電車が走る景色に路線図が映し出されるという味気のないもの。電車に乗り、下車するというシーンは番組の根幹にかかわる大事な部分なのですが、『仕事とはいえ、3密が予想される電車に乗っているのはいかがなものか』という視聴者からのクレームを想定して、カットしているのでしょう」(同)

地方の“ぶらり”はバーチャルと中継で対応

 前述の2番組は関東近郊のロケが主だが、東京の感染者が増えているなか、地方ロケはさらに厳しいものになりつつあるようだ。

 たとえば、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)には、魅力あふれる地方の村に実際に行き、紹介する「おらが村PR隊!」というコーナーがある。これまではタレントが現地に出向いて体感していたのだが、現在、そのスタイルは取りやめになっており、代わりに「バーチャルぶらりシステム」が行われているという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ