新垣結衣、インスタ動画投稿で「お腹ポッコリ?」「上半身がっしり?」と話題にの画像1
新垣結衣

 そのキュートさゆえに、何をやっても話題になってしまうようだ――。

 ムロツヨシ主演の連続テレビドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)が8月2日にスタートする。永野芽郁演じる女子校育ちの箱入り娘・さくらが共学の大学に進学するも、ムロツヨシ演じる父・ガタローが心配のあまりに同じ大学、学部へ入学してしまうというストーリーだが、ガタローの亡き妻・幸子を演じる新垣結衣が“脇役”で出演するとして話題を呼んだ。

「制作サイドとしては、今回のようなかたちは脇役ではなく“特別出演”というものです。新垣クラスの人気女優を重要な役に当てる場合、業界的には特別出演という位置づけになるんですよ。なので“脇役”という報道が出たときは、制作サイドも少し慌てたと思いますよ」(テレビ局関係者)

 新垣は2018年の10月期に放送された『獣になれない私たち』(同)に出演して以降、連ドラへ出演しておらず、『親バカ』は2年ぶりの連ドラ出演となる。

「『獣になれない』は脚本を『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(ともにTBS系)などの大ヒット作を手掛けた野木亜紀子が担当し、松田龍平、黒木華、田中圭など豪華俳優陣が脇を固めるとあって、高視聴率が期待されていましたが、蓋を開けてみれば数字的にも評判的にも期待外れに終わってしまった。新垣自身も思う部分があったようで、事務所もしばらくの間、CMの仕事などに絞ってドラマのオファーは断っていたようです。

 いってみれば新垣は長期休養明けみたいなもので、いきなり主演は難しい。今回は重要な役どころではあるのの出番は少ないということで、オファーを引き受けたのかもしれません」(別のテレビ局関係者)

新垣がスマホで自撮りする動画が投稿

 そんな新垣の写真展「YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019 PHOTO EXHIBITION」が、16日から東京・渋谷PARCOで開催されている。この写真展は昨年発売された写真集『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019』(カエルム)の未公開カットを中心に展示したもの。15日にはファッション雑誌「NYLON JAPAN」(同)のインスタグラム上に、写真展の会場で新垣がスマホで自撮りする動画が投稿され、

「ガッキー可愛すぎ」

「So pretty Gakki」

「かわいすぎる」

「宇宙一好きです」

「ガッキーと同じところ行けるの幸せすぎる」

「その写真欲しい」

などと、絶賛コメントが多数寄せられている。テレビ局などにも出入りするフリーのスタイリストが語る。

「服の上からなので、わかりにくいのですが、背中の部分から肩、二の腕にかけて、以前よりちょっと肉が付いている気がして、スタッフたちの間で『あれ? ちょっとガッシリした?』と話題にしていました。また、脇の下や胸、お腹のあたりについても『少しポッコリした?』という声も出ていますが、ガッキーは動画では終始、白い服のようなものを片手で胸やお腹のあたりに抱えており、はっきりとはわかりません。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ