『半沢直樹』上戸彩が昼顔妻から再び良妻に…続編に7年かかったTBSの誤算の画像1
日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ」より

 あの『半沢直樹』がついに帰ってくる。2013年にTBS「日曜劇場」で放送され、最終回で42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という驚異の高視聴率を記録したドラマの続編が、7月19日にスタートするのだ。

 同ドラマは、東京中央銀行のバンカー・半沢直樹(堺雅人)が、大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、銀行内の不正の数々を明らかにするという内容で、「やられたらやり返す」「倍返しだ!」という決めゼリフが流行語となった。

 しかし、半沢が子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で幕を閉じ、新シリーズでは、出向先の東京セントラル証券に赴任するところから物語が始まる。

 同ドラマは、池井戸潤氏の小説『半沢直樹』シリーズを原作にしており、13年の放送では『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(ともに文藝春秋)がもとになっている。新シリーズでは、『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』(ともにダイヤモンド社)が映像化されるという。

「最終回の視聴率42.2%は、平成の30年間に放送されたドラマの中で堂々の1位。文句なしの“おばけコンテンツ”です。また、『半沢』が火付け役となって池井戸潤ブームが巻き起こり、これ以降、日曜劇場では『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』『陸王』『ノーサイド・ゲーム』と、毎年のように池井戸原作のドラマが流れています。

 主演の堺は『半沢』で大ブレイクした後の16年に大河ドラマ『真田丸』(NHK)で主演を務めていますが、それ以外のドラマや映画出演はさほど多くありません。満を持しての続編でどんな演技を見せてくれるのか、楽しみにしているファンは多いでしょう」(テレビ局関係者)

 主人公の半沢を演じる堺のほか、東京中央銀行の取締役・大和田暁役の香川照之や金融庁検査局主任検査官・黒崎駿一役の片岡愛之助らのメインキャストに変更はない。一方で、東京中央銀行の証券営業部部長・伊佐山泰二役で市川猿之助、スパイラル社長・瀬名洋介役で尾上松也らが、新キャストとして名を連ねている。

「半沢の妻の半沢花役で出演する上戸彩の存在も、見どころのひとつです。花は仕事で疲弊する半沢を明るくサポートする良き妻という立場で、男たちのドロドロがメインの同ドラマの中にあって、一服の清涼剤のような役割を果たしていました。

 一方、上戸は『半沢』のちょうど1年後の14年夏に連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)に主演しています。このドラマでは、不倫に溺れる平凡な主婦という役どころで、いわば『半沢』の花とは真逆の設定でしたが、『昼顔』が新語・流行語大賞にノミネートされ、17年には映画化もされるなど、上戸にとっては当たり役となりました。

 夫を支える良妻を演じた翌年に不倫妻の役で大きな話題となり、15年と19年には子宝に恵まれ2児の母となった上戸が、再び『半沢』に良妻として帰ってくる。続編に7年かかったことで、こうしたストーリーも生まれることになりました」(同)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ