三浦春馬さん訃報直前、友人の賀来賢人が意味深な投稿…三吉彩花との破局に驚きの声もの画像1
三浦春馬

 俳優の三浦春馬さんが、都内の自宅で死亡した。報道によれば、三浦さんは18日、予定が入っていた仕事の現場に現れず、関係者が自宅を訪れたところ、首をつっているのが見つかったといい、自殺とみられている。

 三浦さんは1997年、7歳の頃にNHK連続テレビ小説『あぐり』でデビューし、以降、数多くのテレビドラマや映画、舞台などに出演し、今月公開予定の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』にも出演。さらに9月に放送開始の連ドラ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)では主要キャストに名を連ね、亡くなる前日の17日も同ドラマの撮影を行っていたという。15日には自身のインスタグラム上に「本日情報解禁されました。TBSドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』略して【カネ恋】!」などとPRコメントを投稿していただけに、突然の訃報は世間に衝撃を与えている。

 三浦さん死去の第一報が流れた数時間前、同じ所属事務所で親交の深い友人として知られる俳優の賀来賢人がインスタグラムのストーリーに投稿した以下コメントが、ファンの間で“意味深”だと話題になっている。

「人が好きなモノや、一生懸命やっている事を馬鹿にするのなんか超簡単で、否定したり、好きだ嫌いだ言う事も超簡単。本当に超簡単。靴紐結ぶより。SNSがもっとポジティブになる事を願ってます」

俳優をやめようと思っていた時期も

 芸能事務所関係者は語る。

「三浦さんは1月、自身のTwitterで出演した映画『コンフィデンスマンJP』のPRコメントを投稿。その翌日に投稿した内容が、この映画の共演者で不倫騒動の渦中にいた東出昌大を擁護しているのではないかと、一部の心ない人々から批判を浴びる事態に発展していました」

 そのツイートでは東出の名前には触れられていないが、「明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う」という内容が、そのタイミングも影響して、さまざまな憶測を呼んだ。

「三浦さんはナイーブな性格なので、もしかしたら、かなりこたえていたのかもしれません。所属事務所のスタッフや周囲の人たちからも、“あまり余計なことはしないほうがよい”などとアドバイスはあったようです。

 ちなみに三浦さんは3月にも、主演を務める舞台『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』で、新型コロナウイルス感染拡大中での公演ということでネット上で一部から批判の声も上がっていました。もしかしたら、そうした出来事が重なり、苦しい思いをされていたのかもしれません」(同)

 三浦さんの繊細な一面については、すでに多くのメディアで報じられているが、三浦さんを知る業界関係者は語る。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ