NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

カルロス・ゴーンが日産を酷評し始めた理由…なぜ人は古巣の迷走に留飲を下げるのか

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

カルロス・ゴーンが日産を酷評し始めた理由…なぜ人は古巣の迷走に留飲を下げるのかの画像1
日産自動車グローバル本社(「Wikipedia」より)

 レバノンに逃亡中のカルロス・ゴーン被告が、仏紙「ル・パリジャン(Le Parisien )」のインタビューで、日産自動車と仏ルノーの決算を「惨め(lamentable)」と酷評した。

 この“lamentable”は、「情けない」「ひどい」「無残な」「悲惨な」「痛ましい」などとも訳され、かなりきつい言葉である。ゴーン被告は、「箸にも棒にもかからない」状態で、ひどすぎて手がつけられないと言いたいのだろう。

 これほどきつい言葉でゴーン被告が古巣を酷評したのは、次の3つの心理によると考えられる。

1)ざまあ見ろ

2)自身の存在感を誇示したい

3)自分の現状のほうがましと思いたい

ざまあ見ろ

 まず、自分を追放した古巣に強い怒りを抱いており、1)ざまあ見ろという気持ちなのだろう。とくに日産に対する怒りがすさまじいように見える。自分はつぶれかけていた日産を建て直した功労者なのに、日産から追い出されただけでなく、刑事被告人にされてしまったと思っているはずで、はらわたが煮えくり返っているのではないか。

 古代ローマの哲学者、セネカが見抜いているように、怒りとは「不正に対して復讐することへの欲望」にほかならない。客観的にはどうであれ、ゴーン被告は、日産と日本の検察の「不正」な結託によって逮捕・起訴されたと思っているだろうから、復讐願望を抱くのは当然だ。

 怒りと復讐願望は、相手の不幸や苦しみを欲する。だから、自分が追放された後の日産の迷走を見て、復讐願望が少しは満たされたかもしれない。

自身の存在感を誇示したい

 ゴーン被告は同紙のインタビューで、2018年11月から2020年6月までの古巣の株価の下落率に言及した。この期間に日産が55%、ルノーが70%下げたのに対し、ライバルのゼネラル・モーターズ(GM)は12%、トヨタ自動車は15%の下げにとどまっている。この点にゴーン被告は触れ、「どのメーカーも同じコロナ危機に直面しているが、ルノーと日産は他社よりも打撃が大きい」と指摘したのだ。

 さらに、ゴーン被告は「自分の実績を誇りに思う」という趣旨の話もしているので、2)自身の存在感を誇示したい願望が強そうだ。「カリスマ経営者」として名をはせた自分が古巣のトップにとどまっていたら、両社の共同経営体制を維持しながらコロナ危機にもうまく対応できたはずで、こんな惨状にはならなかったと言いたいのだろう。

 ゴーン被告に限らず、自分が所属していた会社、大学、病院などの組織から追われた人は、古巣の迷走を見て溜飲(りゅういん)を下げることが多い。古巣を去らなければならなくなった理由は、権力闘争に負けたとか、不祥事を起こしたとか、リストラで早期退職を余儀なくされたとかさまざまだが、だいたい「自分がいた間はうまくいっていたが、自分が辞めてから全然ダメになった」と話す。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ