【完了】田中みな実、「毎月定額保証」でも拒否!YouTubeやらない宣言した芸能人3人の画像1
田中みな実1st写真集『Sincerely yours…』(宝島社)

 有名タレントのYouTube参入が相次ぐ芸能界。しかし、時代の潮流に敢えて乗らない人物も多く、7月5日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)ではフリーアナウンサー・田中みな実の言動が注目を浴びた。

 この日の放送では、人気YouTuberコンビ・ヴァンゆんがリモート出演。スタジオ出演者の中で“誰がYouTubeを始めるべきか”という質問を受けて、ゆんは同性ファンも多い田中を指名した。メイク術の紹介動画などに期待が高まったものの、当の本人は「ある一定額を必ず毎月保証するよっていうふうに言われましたけど、やらないです」と、意外にも即答でバッサリ。躊躇なく首を横に振る彼女に、ファンからは「メイク動画で絶対稼げるはずなのにもったいない!」「潔すぎて逆に好感度が増したわ」など、さまざまな反響が寄せられている。

 今回は田中のように、「YouTubeやらない」宣言をした芸能人をピックアップしよう。

太田光(爆笑問題)

『サンデー・ジャポン』で相方の田中裕二とMCを務める太田光(爆笑問題)も、同じく7月5日放送の番組内でYouTube参入を否定している。トークの流れで山本里菜アナウンサーから参入予定はないのか尋ねられた太田は、「田中君は今度“カタキン”っつってやることになってます」とコメント。突如振られたボケに田中は、「ヒカキン的な感じで?名前だけで終わっちゃってるよね」と苦笑いを浮かべてみせた。

 あらためて山本が「おふたりで『やってみないか』って話とかは出てこないんですか?」と聞いたところ、2人そろって「いや、ないんじゃない?」「ないない」と否定。太田いわく「今さらもう面倒くさくて、新しいことやりたくない」そうで、ネット上には「爆笑問題ならYouTubeにわざわざ参入する必要ないもんね」「太田光がYouTuberになろうものなら何を言っちゃうか心配になる。テレビだけで十分!」といった声が相次いだ。

明石家さんま

 続いてはお笑い界の大御所・明石家さんま。5月9日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演したさんまは、現在YouTuberとして活躍する宮迫博之(雨上がり決死隊)についてコメント。彼から連絡があった際に、「もし俺がどうしてもYouTubeに出たくなったら、お前のところに真っ先に出るから」と伝えたという。

 とはいえ、さんま自身はYouTube出演への抵抗感が強いようで、「俺がYouTube出たらあかんやろ」と明言。“テレビで生きてきた”という思いがあり、「テレビを守ろうとしてるからな、俺は」とも語っている。一方、さんまのYouTube参入に期待するファンは多く、「本音を言えば、若手芸人を相手にダメ出しする動画が見てみたい」「1人でずっとしゃべってそうだけど、それでも面白そう(笑)」などの反応が続出。さんまが宮迫のYouTubeに出演する日がやってくれば、大反響を巻き起こすに違いない。
(文=編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ