浜田雅功の衰えが深刻化…番組進行を放棄&ボケを放置、松本人志も真顔で振り向く失態の画像1
ダウンタウン プロフィール|吉本興業株式会社」より

 ダウンタウン浜田雅功に、今、異変が生じている。あれほどキレキレだった仕切りがまったく振るわないというのだ。

 たとえば、7月16日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)。この日は「超イケてる男祭り!」というテーマで、千鳥、三代目J SOUL BROTHERS、EXITの3組が登場した。ここで浜田が、松本人志に対し「どういうメンツで、今日これになったかわかりますか?」と質問。すると、松本が共通項として「普段はブラジャーつけてる(メンバー)」とボケをかました。ところが、浜田は隣でただ笑うばかり。本来であれば「なんでやねん!」くらい言いそうなものだが、まさかの“放置プレイ”だったのだ。

 松本は続けて、トークテーマ例として「『今日は何色』とか、『ここ(胸の後ろ)が、かゆくなる』とか」と、さらにボケをかました。これに対し、浜田に代わってツッコミを入れたのは千鳥だった。大悟は「(そんな狭いくくりでは)1時間できない」、ノブも「(このテーマで)三代目さんが出るわけないでしょ!」と一喝したのである。

 浜田の“存在感ゼロ”の流れは、この後も続く。3組の中で最初に触れられたのはEXITだった。今までであれば、浜田が番組を進行し、松本がチャチャを入れるはずだが、浜田はそれを完全に放棄。多忙な彼らに「今日で収録、何本目?」と先に聞いたのは、松本の方だったのだ。2人が「3本目で、この後も生のラジオがある」と答えると、それを受けて松本が「1日、何本やってんねん」と驚いたが、その間、浜田がしゃべることはなかった。

「このあと、りんたろー。が引っ越したという家賃31万円のタワーマンションを自撮りリポート。彼は3カ月前は家賃10万円の1Kに住んでいましたが、『チャラ男といったらタワマン』『第7世代に夢を見せたい』と転居を決意したそうです。そして、約4分間のVTRがスタート。玄関は大理石、その上には10万円のスニーカーが3足、さらに80平米のリビングには70インチの巨大テレビなど、目につくのは高級なものばかりでした。

 そんなVが終わり、浜田は新居についていろいろ聞き始めるのかと思いきや、『ちっちゃいとこからもうやっぱあそこいくのが(夢だった?)』と、改めて新居に越した理由を尋ね始めたのです。りんたろー。も『そうっすね』と答えるしかなく、話は特に広がることなく終わりました。この後、松本が『独り者やし、やりたい放題』とツッコミ、それを拾った兼近大樹が『寝室、見せなかったですもんね、誰がいるんでしょうね?』と話を広げたのです。りんたろー。はこれに対して『毎日フェス状態』と笑いを誘い、なんとかその場は成立していました」(芸能ライター)

 この後、浜田もりんたろー。に向けて質問することもあったが、ひとつの質問が長く、テロップとして出しづらかったという。たとえば、以下のような内容だ。

「でも、ああいうとこ住んでたら、やっぱりエレベーターやしさ、途中で誰か乗ってきたりとかさ、住人の人と会うでしょ?」

 これは、浜田が実際に言った発言をそのまま書き起こしたものである。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ