そしてこの長瀬の退所が、すなわちTOKIOの解散を意味すると別のテレビ局関係者は指摘する。

「もともとTOKIOは仲が良いグループとして知られており、メンバー5人で飲みに行ったり、地方ロケの際に5人揃って現地に“前乗り”したりと、実際に仲が良かった。しかし、山口の事件以降は事実上音楽活動が不可能となり、もっと俳優や音楽の仕事に力を入れたい長瀬と松岡昌宏、MCの仕事が多い国分太一、そして微妙なスタンスになってしまったリーダーの城島茂と、徐々にバラバラになっていきました。

 現在、グループの冠番組としては『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)がありますが、番組内で4人全員が揃うシーンは少なく、事実上“TOKIOの冠番組”といえるのは『TOKIOカケル』(フジテレビ系)のみ。昨年前半の時点で、業界内ではTOKIOの解散は時間の問題だという見方も強かっただけに、もし長瀬が抜ければ3人のみでTOKIOが継続するという選択肢はあり得ず、解散は決定的といえるでしょう」

(文=編集部)

関連記事