【完了】坂道グループ、バラエティで大活躍確実の新人5人…バナナマン設楽統も苦笑するクセモノの画像1
弓木 奈於(「坂道研修生オフィシャルサイト」より)

 4月第1週放送の『乃木坂工事中』、『欅って、書けない?』、そして『日向坂で会いましょう』(いずれもテレビ東京系)にて、乃木坂46、欅坂46、日向坂46に加入する新メンバー計14人の紹介が行われた。だが、残念なことに、その直後から新型コロナウイルス感染拡大の影響で、番組はスタジオ収録からリモート収録へと切り替えざるを得なくなった。また、欅坂46においては、今年10月をもって活動を休止し、その後、改名して再出発を図ることが発表させている。

 アイドルたちにとっても、今年は活動が難しい状況にあるといえるが、今期加入した新メンバーのうち、バラエティの素質が見込まれて、今後番組で大いに活躍する姿が期待できる新メンバー5人をピックアップした。その魅力を紹介しよう。

乃木坂46の要注目新人2人

 まずは乃木坂46から見ていこう。乃木坂46に加入した新4期生は5人。そのなかからまずは最年長の弓木奈於(21)を選んでみた。京都府出身の“はんなり京美人”な彼女の最大の特徴は家族構成だろう。なんと兄弟が3男4女の次女という“大家族”。まずこれだけでも、もうトーク番組では鉄板である。

 そして、その大家族にあって、おばあちゃんと2人で食事担当だったというから、かなりしっかりしていると思いきや、番組内でのMCのバナナマンとのトークでは“ポンコツ”な感じがチラホラと見受けられる。大家族だから1回の食事には大量のごはんを炊く必要があるのはわかるとしても、彼女いわくそのときは「炊飯器でまず1回6合炊いて、それがなくなったら、追い炊きしてもう1回、6合炊きます」。

“追い炊き”というのは普通、お風呂を沸かし直す際に使う用語だが、「弓木家では追い炊きといえば、ごはん」になっていると言う。

 さらに晩ごはんの仕方も変わっていて、その説明をするときも「1部と2部と3部があって……」と、まるでアイドルの握手会みたいな言い回しなのである。

 この独特のワードセンスと、トーク番組ではもはや外さない“大家族ネタ”で、この番組だけでなく、他のバラエティ番組でもまずは見せ場をつくってほしい。

 乃木坂46からは、もう1人。神奈川県出身(兵庫県生まれ)の林瑠奈(16)だ。とにかく存在自体が“トリッキー”なのである。事実、彼女の昔の写真として、12歳のときにイチゴを口いっぱいにほおばっている1枚が出たのだが、これを見たキャプテン・秋元真夏(26)が「これは何のときの(写真)?」と聞くと、その答えは「多分、こういうポーズをしているとき」と、かなりの変化球の返しだったのだ。

 さらに、この写真から「昔から髪は短かったの?」と、彼女のチャームポイントであるショートカットについて触れると、「けっこう好きな芸能人さんとかが短い方が多くて、それでマネして切って、みたいな」という答え。見逃せないのは、ここからさらに突っ込んだバナナマン・設楽統の「当時は誰が好きだったの?」という質問への、こんな回答である。

「このときは誰も好きじゃなかった」

 このまさかの珍回答に、さすがの設楽も「アイツ、反抗的だな!」と苦笑&お手上げ状態になったほど。まさに“クセもの”なのである。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ