●SNSを上手に活用して顧客を増やす

 このコロナ禍において、人々が「おうち時間」を過ごす中で、インターネットでの情報提供はビジネスにおいて欠かせないものになっています。特に近年はSNSサービスを上手く使うことが、ビジネスの成否を左右すると言っても過言ではない状況です。

 本書でもSNSの活用法が書かれていますが、そのポイントは複数あります。例えば、そのサロンを構える地域に根差したコミュニケーションを取ること、出す情報に一貫性を持たせること、宣伝ばかりでなくテーマを決めて、役立つ情報を発信すること、などです。

 また、オンライン講習会などの集客にも、上手くSNSを利用することが求められます。SNSにはツイッター、インスタグラム、フェイスブック、ラインといったサービスがありますが、中心にブログを据えて、ブログと関連付けた情報を発信していくと効果的です。

 本書でつづられていることは、実はセラピー業界に限らず、すべてのビジネスの世界で経営者や起業家たちが持っている「経営の視点」です。この視点を持てば、自分のビジネスの成長を促してくれるとともに、さまざまな可能性を広げられるようになるはずです。

 今、セラピストとしてどうしていこうかと悩んでいる人や、もっと信頼され、愛されるセラピストになりたいと思っている人はもちろんのこと、これからセラピストとしての第一歩を踏み出す人にとっても大いに参考になる一冊です。(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事