視聴率女優篠原涼子、平均視聴率が1桁だった3作品…恐るべき実力と人気が逆に浮き彫りの画像1
『ハケンの品格』公式サイトより

 女優・篠原涼子が主演する『ハケンの品格』(日本テレビ系)が好調だ。7月15日に放送された第5話の平均視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、これで初回の14.2%から始まり、5週連続で2ケタ視聴率をマークすることとなった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で放送スタートが約2カ月遅れたが、2007年に第1弾が放送され、全話の平均視聴率20.2%を記録した本作には、新型コロナをも吹き飛ばす魅力が秘められていることを示したかたちだ。同時に、それは篠原が主演女優としての人気の健在ぶりをあらためて世に示したということでもある。

 だが、である。確かに『ハケンの品格』は彼女の代表作と呼べるものの、その一方で終始、数字が低空飛行のままだった“黒歴史”の主演作もチラホラと存在する。そこで今回は“視聴率女優”篠原をもってしても、数字が伸びなかった主演作クラス(=番手として3番手くらいまでの作品)のゴールデンタイムの連続ドラマを調査してみた。なお、文中に出てくる視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区の平均視聴率である。

 調べたところ、篠原の主演作クラスの作品で、平均視聴率が2ケタに届かなかった連ドラは3本あった。それを高い順に発表していこう。

 まずは、9.4%とわずかに2ケタに届かなかった作品である。03年4月クールのドラマ『ぼくの魔法使い』(日本テレビ系)だ。

 このドラマは主演が伊藤英明で篠原はヒロイン役。そして脚本を手掛けたのが宮藤官九郎であった。“バカップル”と呼ばれるほどの超ラブラブな夫婦が主人公で、その夫・町田道男に伊藤が、妻の留美子に篠原が扮していた。

 その見どころは、夫がピンチに見舞われると、それを救うために篠原演じる留美子が何かを思い出そうと超人的な記憶力を発揮し、同時に古田新太演じる“田町式記憶術”の考案者・田町浩二というオヤジの姿に変身してしまう大仕掛けのハイテンション・コメディであるという点だった。

 そして変身してしまう妻の対処にあたふたする夫とともに、さまざまなトラブルを乗り越えていく夫婦愛がクドカン流のコメディタッチで描かれた秀作で、こんな伊藤や篠原はもう二度と見られないと思われるほどだった。

 ただ、クドカン作品のなかではメジャー度があまりにも低すぎた。さらに当時の篠原は、まだ主演女優としての地位を完全に確立していなかったことが響いて、この結果になったのではないかと推測される。いわば“早すぎた傑作”だったのかもしれない。ちなみに、ドラマ『アットホーム・ダッド』(フジテレビ系)のヒロイン役として篠原が平均視聴率16.9%を叩き出したのは、この1年後の04年4月クールのことである。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合