NEW

Amazonの置き配で荷物が盗まれたらどうすればいい? 補償申請をする方法を解説

文=佐野陽高/フリーライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年3月から一部地域でAmazonの配達は「置き配(玄関)」が基本になっているのをご存じだろうか? でも、勝手に玄関に置かれて荷物を盗まれたり、急な雨で濡れた場合はどうすればいいのだろうか? そこで今回は、万一置き配で荷物が盗まれたとき、どのようにAmazonに補償申請すればいいか解説しょう。

2020年3月から大都市圏では置き配が基本に!

 Amazonでは、大都市圏で「置き配」がスタートしている。置き配とは、Amazonで注文した荷物を、従来のように玄関で本人に直接渡すのではなく、車庫、玄関、宅配ボックス、ガスメーターボックス、自転車のかご、建物内受付/管理人などに預けることができる新サービスだ。確かに、コロナ禍の影響もあって急激に宅配需要が増えたため、不在時に荷物を持ち帰る手間を省くことは歓迎されるべきことだろう。ところが、Amazonでは2020年3月から「置き配(玄関)」が、密かに標準設定になっているのをご存じだろうか? マンションの宅配ボックスや管理人ならまだ安心だが、勝手に玄関に置かれてしまうと誰かに盗まれてしまうかもしれないし、急な雨に濡れてしまう…

続きは【オトナライフ】で読む

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ