『霜降りミキXIT』視聴率1%台で『月曜から夜ふかし』に大敗…お笑い第7世代バブル崩壊かの画像1
テッペン!『霜降りミキXIT』~めざせ!Mr.ダンディズム|TBSテレビ」より

 令和のお笑い界を牽引している「第7世代」バブルが今、崩壊寸前にある。それを引き起こしているのは、芸能プロダクションの苛烈なゴリ押しにあるという。いったい、どんな事情があるのだろうか。

「今の日本のテレビ番組は、第7世代で回っていると言っても過言ではありません。1週間のタイムテーブルを見ても、番組欄には必ず、霜降り明星、EXIT、ぺこぱ、ハナコ、四千頭身、かが屋、宮下草薙の名前があることからも、それがわかるでしょう」(芸能ライター)

 さらに、そこに『女芸人No.1決定戦 THE W 2019』(日本テレビ系)で優勝した3時のヒロイン、最近急上昇してきた、ぼる塾というトリオ(本来は4人組)も参入してきている。良く言えば「百花繚乱」、悪く言えば「乱立状態」で、もはやその増殖に歯止めがかからなくなっている。

ぺこぱは第7世代でミルクボーイは違う?

「『第7世代』と言い始めたのは霜降り・せいやというのが今や定説となっていますが、では、今後新たに台頭してくる芸人はすべて第7世代なのか、いつまで第7世代と呼ぶのか、というところがネックになってきます。もともと、お笑い芸人を『世代』で分けるという手法は、過去のお笑いの歴史を俯瞰で眺めたときに便宜的に使われることから始まったもので、現在進行形では使わないものです。

 しかし、テレビメディアはスポンサーや上層部へのプレゼンにうってつけのキーワードだと言わんばかりに、第7世代がらみのスペシャル番組を企画し、また、その世代の芸人をテレビに出しまくっているのです」(同)

 最近は、YouTuber芸人のフワちゃんも、なぜか第7世代に仲間入りするようになってしまった。彼女は厳密に言えば、芸人というより“令和の篠原ともえ”とも言うべき、単なるハイテンションタレントなのだが、「芸人」そのものの定義も曖昧になってきている今、許容の範囲内なのかもしれない。

 また、ぺこぱの松陰寺太勇は36歳。同い年の芸人には、かまいたちの濱家隆一、ジャルジャルの後藤淳平、ジャングルポケットの太田博久がいる。では、彼らは第7世代なのかというと、なぜかそこには入らない。松陰寺自身は、7月4日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で「芸風的に第7のチケットもらえた」と告白している。

 ぺこぱは『M-1グランプリ2019』(テレビ朝日系)で3位につけたが、同大会で優勝したミルクボーイを紹介するときは、第7世代という言葉はあまり使われない。つまり、第7世代とは、売れたタイミングと芸風で加入できる不可思議なグループなのだ。

『霜降りミキXIT』個人視聴率0%台の衝撃

 しかし、その“第7世代神話”がただの幻想であることを物語るデータがある。

「6月末からTBS系で始まったのが『霜降りミキXIT』です。同番組はその名の通り、霜降り明星、ミキ、EXITの3組によるバラエティ。彼らがワンランク上の男=“Mr.ダンディズム”になるため、VIPゲストをスタジオに招き、その極意を学んでいくトーク番組です」(テレビ局関係者)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ