パパラピーズ、学生立入禁止中の構内で鬼ごっこが炎上…大学側と所属事務所が責任転嫁の画像1
「パパラピーズ 」YouTubeチャンネルより

 人気ユーチューバー「パパラピーズ」が7月24日に公開した動画をめぐり、批判の声が拡大している。

 パパラビーズは、体重3桁の巨体が特徴の男子「じんじん」と、クールな関西弁ツッコミが特徴の女子「タナカガ」からなる2人組ユーチューバー。チャンネル登録者数は118万人に上り、10代女子を中心に若者から高い支持を受けている。

 そのパパラピーズのYouTubeチャンネルで24日、『大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみたwww』が公開された。この動画は、8月7日に公開される映画『ぐらんぶる』(ワーナー・ブラザース映画)のPRのためのもので、ある東京都内の大学を貸し切って“隠れ鬼ごっこ”をするという内容だった。

 動画そのものに対しては、ファンを中心に面白がるコメントが多かったが、事態が急変したのは、この大学に通う学生のコメントが書き込まれたのがきっかけだった。

「これ私の大学だ…。おふたりが悪いっていうわけでも、批判したい!ってわけでもないのですが、維持費や設備費を払っていながら泣く泣くオンライン授業を受け、大学に通いたくても通えない身からするとなんか悲しくなります。まぁ確実に大学が悪いんですけどね…」

 パパラピーズが好きで、2人を批判する意図はないとしたうえで、学生に構内立ち入り禁止措置を取っていながら、動画撮影を許可した大学側の対応に疑問の声をあげたのだ。

 すると、同じ大学の学生をはじめ、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、いまだに大学に通えないというほかの大学の学生たちからも、大学側の対応を批判する声が高まり始めた。

 こうした声を受けて、パパラピーズの所属事務所であるGROVEと、施設を提供した清泉女子大学がコメントを発表。

 清泉女子大学には、在学生や保護者などから批判が寄せられたという。撮影許可は出していた。  キャンパスは新型コロナウイルスの影響により、学生の入構制限措置が取られている。

 清泉女子大学は26日、「本学キャンパスで撮影された動画に関する経緯説明とお詫び」と題する謝罪文を発表。大学構内での動画撮影を許可した経緯を説明しつつ、代理店からの連絡不足で投稿前に動画内容を確認できず、「内容も想定に反して、本学の大切にしている『建学の理念』やイメージに沿ったものと言えないものでした」として、代理店に対する不満を示した。そのうえで、「代理店に対し、25日のうちに、大学から迅速な動画削除を申し入れました」という。

 一方、GROVEは「本動画の撮影においては、クライアント様・広告代理店様には常時お立ち会い頂き、大学関係者様も常時ではないものの撮影工程の半分程度にはお立会い頂いておりました」とコメントし、事務所やパパラピーズの対応に問題はなかったと説明し、両者の立場の違いが浮き彫りになった。

 大学側もGROVEも、大学に通うことができずにいる学生たちに対して、配慮が欠けていたと謝罪し、動画を削除した旨を報告しているが、どこか責任逃れをするような態度が透けて見え、在学生たちを中心に不満の声はくすぶり続けている。

 他方、パパラピーズの2人は、それぞれにツイッターで謝罪を投稿

「昨日の動画の件ですが、関係各所の許可の元撮影させて頂きましたがこの状況の中、学校に通いたくても通えない学生の皆様などに不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。今後の動画作成にあたり、見てくださる方や、応援して下さる方のお気持ちに配慮した動画作りを心がけたいと思います」(タナカガ)

「この状況下で学校へ通えない学生さんやご家族の方々に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。撮影は関係者の皆様の許可の元行いましたが視聴者の方々を嫌な気持ちにさせてしまいました。今後皆様に楽しんでもらえる動画はどんなものか真剣に考え動画制作を行います」(じんじん)

 これらに対しては、ファンから「2人が悪いわけではない」「これからも楽しい動画を上げてほしい」など、擁護の声が多く寄せられている。

 今後、大学側、所属事務所、仲介した代理店から、さらに学生たちへのフォローはあるのだろうか。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ