小倉優子、第3子出産でも離婚濃厚の情勢か…夫との復縁へ狙う一発大逆転の画像1
小倉優子のインスタグラムより

 3月に夫で歯科医のAさんの別居が報じられたタレントの小倉優子が、今月27日、自身のインスタグラムで第3子となる男児を出産していたことを報告した。小倉は現在、Aさんから弁護士を通して離婚を申し立てられ、前夫との2人の男児との養子縁組解消も求められていると報じられているが、小倉はインスタでの出産報告コメントで以下のように綴っている。

「出産を支えてくれた主人にも、心配してくださった皆様にも心から感謝の気持ちでいっぱいになりました!!私達夫婦についての事実とは異なる報道でお騒がせ致しておりますが、主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしておりますので、どうか温かく見守ってください」

「主人」という言葉を2度も使用し「私達夫婦」を強調しているが、投稿された写真には上の2人の息子の姿もなく、マスクをした小倉が一人で生まれたばかりの愛息を抱いているのみ。タレントの出産報告によくみられる家族で和気あいあいと映った写真とは程遠いが、芸能事務所関係者はいう。

「Aさんが家を飛び出した決め手は、小倉さんからの“罵り”とも受け取れる言葉だったようです。小倉さん自身、夫婦喧嘩で別居してまさかAさんが離婚を申し立ててくるとは思っていなかった。3人の子どもたちの今後を懸念して、小倉さんは謝ったようです。今回誕生した三男はAさんにとっても実子ですから、小倉さんはこれで寄りを戻せるかもと期待しているようですが、ここまでの大きな亀裂が入った以上、難しいのではないかという声も聞こえてきます」

 小倉が所属する事務所プラチナムプロダクションといえば、今月1日に芸能界復帰を宣言してから1週間足らずで引退を発表して波紋を呼んだ木下優樹菜も所属していた。プラチナムをよく知るスポーツ紙記者は言う。

「木下は引退してしまったので、何を騒がれようと追いかけられようと“関係ありません”で押し通せますが、まだ大きな悩みの種が残っていると頭を抱えています。それが小倉の離婚問題です。現時点でAさんが離婚の申し立てを取り下げたということはなさそうで、別居は継続中ですが、実子の誕生を機に夫婦の交流はでき、小倉さんはこれをきっかけにうまく元鞘にもっていくという“一発大逆転”を狙っているようです。事務所もその動向を見守っているところみたいですね」

 離婚に詳しい弁護士はいう。

「Aさんがすでに弁護士を立てて、小倉さんに離婚届と、小倉さんの連れ子との養子縁組を解消する書類を送付しているという報道が事実あれば、あくまで一般論ですが、離婚に至る可能性が高いといえます。弁護士を立ててそこまで具体的な手段に出ているという状況を踏まえると、Aさんの意思は相当固いと考えられます」

 小倉の苦悩は続きそうだ。

(文=編集部)

 

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ