NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

アベノマスク8000万枚“押し付け”の税金無駄遣いに永田町も騒然…9月の解散総選挙は消滅か

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

 その理由は、永田町の全体的な雰囲気もありますが、元文部科学大臣の馳浩衆議院議員が9月13日のプロレス大会に出場すると発表されたからです。元閣僚ですから、当然、総選挙の動向を見極めてのことでしょう。

 まあ高度なテクニックとして、総選挙前にポスターに写真や名前を使って地元での知名度を上げようとしているのかもしれませんが、そのためにプロレスを利用するのは批判も想定されるので、そこまではさすがにしないと思います。

(文=神澤志万/国会議員秘書)

情報提供はこちら
『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合