加熱する無料マンガアプリ戦線。近年では、各大手出版社もアプリの配信をスタートし、読者にとってはよりどりみどりの状況となっている。一方で、ひとつのアプリで同じ出版社の作品をすべて網羅できないケースも多く「せっかくインストールしたけど、目当ての作品がなかった」と、落胆した経験がある人もいるだろう。

 そこで今回は、マンガ界の雄・集英社が展開しているジャンプ系アプリの使用方法や、掲載されている作品の傾向について解説していく。

本誌にステップアップする人気マンガ家も輩出『ジャンプ+』

【確認中】『NARUTO』を全話無料で読む方法…集英社・ジャンプ系“無料マンガアプリ”の実力の画像1
「ジャンプ+」のホーム画面

『ONE PIECE』など、超人気作品を抱えるマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」の無料マンガアプリ「少年ジャンプ+」。その大きな特徴は、アプリ上でジャンプ本誌が読める点だ。最新号はもちろん、2014年27号までさかのぼってバックナンバーを買うこともできる(6月21日現在)。

【確認中】『NARUTO』を全話無料で読む方法…集英社・ジャンプ系“無料マンガアプリ”の実力の画像2
本誌を読むなら定期購読がおすすめ。

 本誌を読むには、アプリ内の共通通貨「コイン」を購入してジャンプを1冊分買うか、月額980円を支払い「定期購読」するかの二択。ただ、ジャンプ最新号を毎週読む人なら、コイン払いよりも定期購読がおすすめだ。

 現在、紙の「週刊少年ジャンプ」の定価は290円なので、(合併号がなければ)月に1160円かかる計算になるため、定期購読のほうが断然お得なのだ。ただ、紙の雑誌にはアプリにはないコマ割りや見開きページの迫力があるので、なかなか悩ましいところでもある。

 また、本誌掲載の作品も、購入したコインを消費して作品ごとに読むことができる。先日最終回を迎えた『鬼滅の刃』や『約束のネバーランド』などの人気作はもちろん、「ヤングジャンプ」「ジャンプSQ.」「グランドジャンプ」など、ジャンプと名のつく雑誌で連載中の作品も掲載されている。ただ、「ヤングジャンプ」の超人気マンガ『キングダム』は掲載されてない等、ジャンプ系マンガをすべて網羅できるわけではないらしい。

【確認中】『NARUTO』を全話無料で読む方法…集英社・ジャンプ系“無料マンガアプリ”の実力の画像3
「ジャンプ+」の目玉はオリジナル作品。

 そして、同アプリ最大の魅力は、アプリのみのオリジナル作品が読める点にある。オリジナル作品の場合は、初回であれば全話無料で読破可能。「次にくるマンガ大賞2019」のWebマンガ部門で1位を獲得したギャグマンガ『SPY×FAMILY』も全話無料なので、話題作をすぐにチェックできるのはありがたい。アプリで実力を開花させた作者は、後に本誌で連載をスタートするケースも多いので、気になる作家を先取りできるというのもうれしい。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ