NEW

手塚治虫もウシジマくんも!小学館マンガアプリ「サンデーうぇぶり」「マンガワン」が凄い

文=清談社

過去作重視なら「サンデーうぇぶり」、ラノベ好きなら「マンガワン」

 このように、いずれのアプリも作品のクオリティはさすが小学館の各誌の連載作品というだけあって、ハズレなしという印象だ。

 強いていうならば、「サンデーうぇぶり」は過去のサンデー人気作を読みたい人におすすめ。特に、高橋留美子やあだち充などのサンデーが築き上げたラブコメ作品とともに青春を過ごした人には、たまらないラインアップが揃う。

手塚治虫もウシジマくんも!小学館マンガアプリ「サンデーうぇぶり」「マンガワン」が凄いの画像4
「サンデーうぇぶり」の人気作品。懐かしいラインナップ!

 新人作家の連載も「サンデーうぇぶり」では盛んに行われているため、次世代を担うマンガ、作家を見つけたいという人にももちろんおすすめだ。

 対して「マンガワン」は、前述の実力作もさることながら、全体的に「ラノベ」っぽいファンタジーものや、いわゆる「なろう系」の作品も多い。アプリ内の男性向けランキングにおいても、上位には『勇者が死んだ!〜村人の俺が掘った落とし穴に勇者が落ちた結果〜』(スバルイチ)、『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』(原作:あまうい白一、漫画:幸路)などの、最近の若者が好みそうな作品が並ぶ。

手塚治虫もウシジマくんも!小学館マンガアプリ「サンデーうぇぶり」「マンガワン」が凄いの画像4
「マンガワン」男子向けの検索上位作品

 しかし「マンガワン」には、オールドファンにはたまらないお宝もある。なんと、あの「マンガの神様」手塚治虫の作品が非常に多く用意されているのだ。『ブラック・ジャック』『火の鳥』など有名作はもちろん、『七色いんこ』『アポロの歌』など、隠れた名作もずらりとラインナップ。

手塚治虫もウシジマくんも!小学館マンガアプリ「サンデーうぇぶり」「マンガワン」が凄いの画像5
「マンガワン」なら手塚治虫の有名作や隠れた名作も読める。

 ほかにも小学館のビッグコミックスから『闇金ウシジマくん』(真鍋昌平)など骨太作も追加されている。ラノベふうの若者向けから手塚治虫までシームレスに読めるというのは、小学館運営ならではの幅広さ。真の「マンガ好き」なら一度は試してみたくなるはずだ。

(文=清談社)

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合