無料でマンガが読める「マンガアプリ」が乱立しているが、大別すると、アプリに特化した会社が運営しているものと、マンガ雑誌を発行している各出版社がリリースしているものに分けられる。集英社や講談社などの、いわゆる大手出版社は1社から複数のアプリを提供していたりするが、その他のマンガ系出版社もオリジナルのアプリで対抗している。

 そこで今回は、スクウェア・エニックスが運営する「マンガUP!」、白泉社が運営する「マンガPark」、そして日本文芸社が運営する「マンガTOP」という、コアなマンガファン向けの3つのアプリを実際に使い、レビューしてみた。

ファンタジー作品が豊富! スクエニ発の「マンガUP!」

 まず紹介する「マンガUP!」は、「FINAL FANTASY」「ドラゴンクエスト」シリーズなど人気ゲームでもおなじみのスクウェア・エニックス(以下、スクエニ)が運営するマンガアプリだ。スクエニはマンガ雜誌にも力を入れているが、この「マンガUP!」は、「月刊少年ガンガン」や「月刊ガンガンJOKER」など、スクエニのマンガレーベル全誌を網羅し、常時100タイトル以上の作品が読み放題となっている。

スクエニ、白泉社、日本文芸社のマンガアプリを勝手にレビュー…ラノベ系、異世界転生系もの画像1
「マンガUP!」のホーム画面。

 マンガの読み方は3通り。無料の「マンガポイント」、イベントやクエストをクリアすることで入手できる「マンガポイント+」、そして課金でゲットできる「マンガコイン」のいずれかを消費する方法だ。「無料マンガポイント」は毎日8時と20時に自動で回復するが、繰り越しは不可。無課金でまとめて読もうと考えたら、「マンガポイント+」を使うのが手っ取り早い。「マンガポイント+」は、連続ログインボーナスやCM動画の視聴、対象作品を読み進めることでゲットできるため、アプリを楽しみながらお目当てのマンガも読むことができるので、一石二鳥だ。

 アプリ内では、大人気ライトノベルのコミカライズ作品『とある魔術の禁書目録』や、アニメ化もされた『地縛少年 花子くん』といった人気作から、アプリ内限定のオリジナル作品まで多くの作品を楽しむことができる。さらに、『とある魔術』も『花子くん』も、筆者が使っていた期間では「マンガポイント+」の獲得対象作品となっていた。有名作品を2~5話読んで、他の作品も開放可能になるのは、「マンガUP!」の強みといえるだろう。

スクエニ、白泉社、日本文芸社のマンガアプリを勝手にレビュー…ラノベ系、異世界転生系もの画像2
「マンガUP!」はゲーム好きにもおすすめ。

「マンガUP!」のラインナップは、スクエニが数多くの人気ゲームを発表していることから、ゲーム作品のコミカライズ作品が多く見受けられる。『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』や、その続編にあたる『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~』、『FINAL FANTASY LOST STRANGER』など、誰もがプレイしたことがある有名ゲームタイトルのコミカライズが多いため、マンガ好きだけでなく、ゲーム好きにもおすすめだ。

 また、「マンガUP!」には、異世界転生系の作品も多く、ジャンル分けにも「異世界へようこそ!」という項目があるほど。『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』や『Re:ゼロから始める異世界生活 第二章 屋敷の一週間編』など、アニメ化された人気作品もあり、ファンタジー作品マニアにはたまらないだろう。

スクエニ、白泉社、日本文芸社のマンガアプリを勝手にレビュー…ラノベ系、異世界転生系もの画像3
異世界転生系の作品が多いことが「マンガUP!」の特徴。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ