NEW
角谷リョウ「稼ぎがUPする“カラダ改造法”」

テレワークの効率を劇的に上げる方法…エアコンの設定温度は何度が最適?

文=角谷リョウ/パフォーマンスコーチ
【この記事のキーワード】

, ,

テレワークの効率を劇的に上げる方法…エアコンの設定温度は何度が最適?の画像1
「Getty Images」より

 東京都では、3月時点で24.0%だったテレワーク採用企業が、新型コロナウイルスの長期化で5月には62.7%と2.6倍も急増しています(東京都防災ホームページより)

 テレワークになって、仕事の効率が上がったという人もいますが、多くの人が仕事の効率が下がったのではないでしょうか。実際に、公益社団法人の日本生産性本部が行った調査によると、テレワークになって仕事の効率が「下がった」「やや下がった」と答えた人の合計は、66.2%という結果になりました(日本生産性本部ホームページより)

テレワークの効率を劇的に上げる方法…エアコンの設定温度は何度が最適?の画像2
引用:日本生産性本部「新型コロナウイルスの感染拡大が
働く人の意識に及ぼす調査」

 パフォーマンスコーチの立場からすると、これは当然の結果といえます。なぜなら、オフィスは仕事の効率が上がるように設計されており、自宅は仕事用に設計されていないからです。ですから自宅で作業する際にはデスク環境や照明など、さまざまな配慮が必要になります。

 しかし今回は、自宅のほうがオフィスより圧倒的に仕事に有利となる事例を紹介いたします。

 オフィスの冷房に関してダイキンが800人に調査したところ、夏のオフィスの冷房状態を92.5%の人が「不快」に感じていることがわかりました。理由としては「室内の温度にムラがある」「暑すぎる」「寒すぎる」などが主な原因です。

 クールビズの関係もありますが、もっとも多くの職場が設定温度を28度にしているからかもしれません。そもそも、クールビズで推奨している「室温28度」という基準に、仕事の生産性の科学的根拠はありません。

 2005年に始まったクールビズの当時の担当課長が「科学的に知見を持って28度に決めたのではない。なんとなく28度という目安でスタートし、それが独り歩きしたのが正直なところ」と発言し、物議を醸しました。

 実際には、昭和45年に環境省が制定した「建築物環境衛生管理基準」が室内の温度を「17度から28度以内」と定めており、その上限値を基準にしたのが始まりのようです。ですから、28度は室内の温度の上限値であり、仕事の生産性はまったく考慮されていないことになります。

 さらに、エアコンの設定温度を28度に設定した場合、実際の室温は28度以上になっていることも考慮して、温度計で実際に室温を確認することも必要です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ