新型ハリアーが売れる3つの理由…GLCやX3、ボルボXC60よりハリアーが人気のワケの画像1
4代目にあたる、トヨタの新型「ハリアー」

 2020年6月17日に登場したトヨタハリアー、販売開始1カ月後時点の受注台数が約4万5000台となり、月販目標台数3100台の約14.5倍となったことが、7月17日に発表された。トヨタの公式サイトには受注から工場出荷までのメドが表示されているページがあり、それが通常は3カ月程度なのだが、ハリアーに関しては現在「詳しくは販売店にお問い合わせください」と出ている。つまり、納車まで時間がかかることが示唆されているのだ。

新型ハリアーが売れる3つの理由…GLCやX3、ボルボXC60よりハリアーが人気のワケの画像2
ハリアーの工場出荷時期目処(トヨタ公式サイトより)

 SUV(スポーツユーティリティビークル)が世界的に人気だとはいえど、トヨタは伝統あるランドクルーザーを筆頭に、ランドクルーザープラド、ハリアー、RAV4、C-HR、ライズとすでに6車種の充実したラインナップを誇っている。しかも9月にはライズとC-HRの間を埋めるヤリスクロスが登場予定で、2021年にはRAV4とC-HRの間を埋めるカローラクロスが登場するといわれている。そうなれば、トヨタのSUVラインアップは8種類、他の国産メーカーの追随を許さない充実ぶりだ。しかも世間はコロナウィルス禍で外出自粛が出ていた期間もあったにもかかわらずの、ハリアーのこの圧倒的に順調な滑り出し。これはいったいなぜなのか? 本稿では、新型ハリアーに試乗して見えてきた、この大ヒットの理由を考察してみよう。

新型ハリアーが売れる3つの理由…GLCやX3、ボルボXC60よりハリアーが人気のワケの画像3
人気沸騰の新型モデル

1997年に登場した初代ハリアー、レクサスRXと統合後、4代目ハリアーにいたる

 まず、ハリアーという車種自体のことを簡単に紹介しておきたい。2020年6月に登場したハリアーは通算4代目に当たるモデルで、初代ハリアーは1997年に登場。当時は、ランドクルーザーやパジェロなどのラダーフレームを採用した本格的なクロカン4WDが主流。その時代に、スタイリングはクロカン4WDをベースに洗練させ、ボディの骨格は乗用車のカムリをベースとしたモノコックを流用。悪路走破性よりもオンロードでの乗り心地の良さを重視した味付けとなり、ハリアーは次世代の高級車というポジションを担うモデルとして大ヒット、国産プレミアムSUVマーケットを開拓した。また日本国内ではハリアーという名前で販売されているが、海外ではレクサスRXとして展開された。

 2003年に初のフルモデルチェンジを行い、ハリアーは2代目に進化。電子制御のエアサスペンションの採用や、自動車装備としては世界初となるミリ波レーダーを併用した衝突被害軽減ブレーキのプリクラッシュセーフティシステムをオプション設定するなど、高級路線を強化。さらに2005年には、3.3LV6ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載したハリアーハイブリッドを追加し、国産プレミアムSUVで確固たる地位を築いた。

新型ハリアーが売れる3つの理由…GLCやX3、ボルボXC60よりハリアーが人気のワケの画像4
ボディの骨格から一新

 そして2009年より、トヨタのプレミアムブランドであるレクサスがRXの日本導入を開始し、ハリアーは2013年にいったん幕を下ろす。これは、上述の通りもともとハリアーとレクサスRXが同じクルマだったための措置だった。しかし、これまでハリアーが築き上げてきた国産プレミアムSUVにおける強いブランド力を残してほしいという販売現場からの声に応えて、2013年12月には3代目ハリアーが登場。レクサスRXとの差別化を図るため、このモデルからハリアーは日本専売モデルとなった。ベースがRAV4となったため、レクサスRXと比べると車格が落ちてしまうのだが、ハリアーの人気は健在であり、安定した販売台数を稼ぎ続けた。

 そして、2020年6月に登場した、本稿の本題である4代目ハリアーは、トヨタのクルマ構造改革である「TNGA」を採用し、ボディの骨格から一新。搭載するパワートレインも、エンジンは高い熱効率を実現したダイナミックフォースエンジンとなり、WLTCモード燃費は2Lガソリン車が14.7〜15.4km/L、2.5Lエンジンのハイブリッド車が21.6〜22.3km/Lと、優れた燃費性能を実現している。また、先代モデルまではハイブリッド車の駆動方式は4WDのみだったが、新型ハリアーではガソリン車、ハイブリッド車ともに2WDと4WDが選べるようになるなど、ラインナップの充実を図っている。

新型ハリアーが売れる3つの理由…GLCやX3、ボルボXC60よりハリアーが人気のワケの画像5
快適な座り心地で上質な空間

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ