NEW
今井亮一「知らないと損する裁判傍聴記」

子どもの夏休みの自由研究、親子で“裁判の傍聴”に行こう…初めての人のためのガイド

文=今井亮一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

子どもの夏休みの自由研究、親子で“裁判の傍聴”に行こう…初めての人のためのガイドの画像1
「Getty Images」より

 夏休みの時期、裁判所では小学生と母親の2人連れをよく見かける。お母さんにくっついてじーっと裁判を傍聴する子もいれば、メモをとり法廷内の絵を描く子もいる。廊下でお母さんが息子にこんなことを言うのを私は聞いてしまった。

「あなた、明日はお母さん来なくていいって……言わないわよね」

 息子君は裁判傍聴がだいぶ気に入ったらしい。

 私は約40年間にわたり、事件数で9000件近くを傍聴してきた。私自身の子が小学生のとき、そのお友だちも連れて裁判傍聴をしたこともある。世のお母さん、お父さんのために、頭に入れておくといい話を少ししよう。

地裁の刑事の新件がお勧め?

 裁判は大きく「刑事裁判」と「民事裁判」に分かれる。テレビの裁判ドラマによく出てくるのは刑事裁判だ。大雑把にいえば、民事より刑事のほうが傍聴人にはわかりやすい。学生さんたちの多くは「地裁(地方裁判所)の刑事の新件がいい」と言われて来るようだ。

 裁判所には開廷表といって、その日の裁判のいわばメニュー表がある。開廷表は普通、1階の受付に全法廷の分がある。バインダーに綴られていたり、掲示板に張り出されていたり。東京地裁はタブレット式だ。各法廷の前にはその法廷の分が張り出されている。「新件」「審理」「判決」と普通は記載がある。「新件」とは第1回公判のこと。人定質問、起訴状朗読から始まる。初めて傍聴する方には地裁刑事の新件がお勧めだ。

 しかし、簡裁(簡易裁判所)の刑事裁判も侮れない。裁判所法の規定により、懲役刑については「窃盗」など一部の事件ついて3年以下しか科せないという制約はあるが、裁判の手続き自体は地裁と同じだ。裁判がどんなものかじっくり見てみたい方には簡裁がお勧めだ。

どこの裁判所へ行くか

 とにかく近くの裁判所へ行けば何か傍聴できる、というものではない。東京地裁とか一部の巨大裁判所は、いつ行っても午前も午後も何か傍聴できるが、地方の小さな裁判所はそうじゃない。滅多に開廷がない裁判所もある。「刑事裁判を傍聴してみたいんですけど、明日は開廷がありますか?」と予め電話して確認しよう。明日はなくても来週はどうか、開廷は何時か、普通は優しく教えてくれるはずだ。

 その前に、法務省のウェブサイトで年間の開廷数を調べてみる手もある。「法務省の統計」→「統計表一覧」→「検察統計」→「2018年」(現時点でそれが最新)→「18-00-06 検察庁別 被疑事件の受理,既済及び未済の人員」を開いてみてほしい。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合