東出と離婚、杏の所属事務所が巧妙な情報工作か…当人同士しか知り得ない情報が一斉報道の画像1
東出昌大(「Wikipedia」より)

 1月に俳優の東出昌大と唐田えりかの不倫が報じられ、別居中だった東出と女優のが、今月1日、離婚を発表した。

「なるべくしてなった結果ですよ。別居した時点で杏のなかでは離婚は決まっており、その後の話し合いでは、幼い3人の子どもに関することが中心だったと聞いています」(スポーツ紙記者)

 東出と杏は2015年元日に結婚し、東出の不倫期間は3年におよぶと報じられているが、今年3月に東出が騒動後初めての公の場への登場となった会見で、「杏さんと唐田さん、どっちが好き?」というストレートな質問に「お相手のこともあるので、私の心の内を今ここで話すことは妻を傷つけてしまうので、申し上げられない」と返答し、世間を呆れさせた。離婚成立後、ほとぼりが冷めた頃に唐田と再婚するということもありえるのか。

「それはないでしょう。唐田は今も所属事務所を辞めるわけでもなく、謹慎処分ということもなく、仕事は現役で続けているわけですから。東出と結婚するなんてことになったら、杏が所属するトップコートや、杏の父の渡辺謙のケイダッシュなど大手芸能事務所を敵に回すことになりますから」(他の芸能事務所)

 東出は先月に映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開され、10月には『スパイの妻』、11月にも『おらおらでひとりいぐも』の公開が控えるなど、仕事への影響は少ないようにみえるが、前出と別の芸能事務所幹部はいう。

「全部、撮影が終わっている作品ばかり。しばらくは出演映画のPR活動などでメディアへの露出も多いだろうし、一見順調のように見えるかもしれませんが、これらの仕事が落ち着けば、まったく見なくなると思いますよ。新しい作品となると、キャスティングの時点で、自分のところの女優と共演させるのを嫌がる事務所も出てくるでしょう。東出の場合、結婚以前も共演女優との間でよからぬ関係が噂されたことも多かったですから。

 そもそも杏との交際のきっかけとなったNHKの朝ドラ『ごちそうさん』に出演できたのは、杏との“並び”の都合上、スレンダーで高身長という体型が大きな要因でした。業界内で東出の演技力に対する評価はそれほど高くなく、“杏の夫”で“渡辺謙の娘婿”という要素が加わって実力以上の評価を受けてきたという面は否めません。杏との結婚がなければ、ここまでの飛躍はなかったと思いますよ」

“芸能事務所の鏡”

 そんな東出にとってさらに逆風となっているのが、離婚に関する一連の報道だ。1日にはスポーツ紙各紙によって、3年前に東出と唐田の不倫を杏が知ってから今年1月に別居に至るまでの夫婦間のやりとりや、杏の不在時に東出が勝手に自宅に入り杏が激高したこと、さらには離婚に際し慰謝料が発生しないことなどが報じられているが――。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ