ゆきぽよ、安倍首相は「年収4千万に見合う働きしてない」保守論壇誌WiLL登場の過去もの画像1
ゆきぽよこと木村有希が2019年11月にKADOKAWAより出版した『ゆきぽよ流 愛される秘訣〜死ぬとき「カワイイ人生」だったっていえる生き方じゃないと意味がない〜』

 8月2日に放送された『サンデージャポン』(TBS系)に、ギャルモデルのゆきぽよこと木村有希(23)が出演。安倍晋三首相の年収について言及し、物議を醸している。

 この日の放送で、新型コロナウイルスの感染拡大についての政府の対応が紹介された際、ゆきぽよは「安倍さんの年収を調べてみたんですよ。そしたら年収4000万円もらってて」「よく考えたら4000万円に見合う働きをしてないなと思って」と発言。さらに「(4000万円もらっているのなら)ちょっと小池さんにわけてあげたらいいなって」と、東京都知事の小池百合子氏にも言及したのである。

 この発言についてネットでは、「まったくその通り」「こういう声をどんどん上げてほしい」と賛同するコメントがあった一方、「首相の仕事は4000万円じゃ割に合わない」「激務さとかを考えると安い」「じゃあ4000万円に見合った仕事ってなんなのか」と批判的なコメントもあり、賛否を呼んでいるのだ。

「安倍首相は、2012年3月から東日本大震災の復興財源にあてるために給料を30%カットしており、2014年3月からは行財政改革を目的として給料の30%を返納しています。そのため、ゆきぽよが言った“年収4000万円”は事実と異なっており、『そもそも調べてから発言してほしい』といった指摘も出ているのです」(芸能ライター)

保守系論壇誌「WiLL」に登場し物議を醸した過去も

 一方でゆきぽよは以前、安倍首相支持派の読者が多いことで知られる保守系論壇誌「WiLL」誌面に登場したことで物議を醸したこともある。今年5月26日発売の同誌において、「安倍首相? かわいくていいよ」なるインタビュー記事に登場。批判も多かった、安倍首相による歌手・星野源との“コラボ動画”についても肯定的に語ってみせたのだ。

 その後ゆきぽよのインスタグラムには、一部ファンから「安倍政権を支持しているのか」といったDMが多数寄せられたと見られ、「支持とかどうとか難しい話は対応できないので政治についてのメッセージ、コメントはもうやめてください」と呼びかける一幕もあった。

ゆきぽよ、安倍首相は「年収4千万に見合う働きしてない」保守論壇誌WiLL登場の過去もの画像2
保守系論壇誌「WiLL」への登場を自身のTwitterにて告知するゆきぽよこと木村有希(2020年5月25日の投稿より)

 そんなゆきぽよが今回政治的発言をした背景には「彼女がギャルであることも関係しているのでは」(同)との声もある。

「昨今では若者の右傾化が語られていますが、なかでもギャルやヤンキーはそのメンタリティからいって“強いリーダーシップ”を求める傾向が強いという指摘もあります。ギャル代表のゆきぽよとしては、以前は“安倍支持派”だったにせよ、今般のコロナ禍以降の安倍首相のリーダーシップの欠如には納得がいかない……という思いがあったのかもしれませんね」(同)

 ゆきぽよの率直な発言に、安倍首相は何を思うのだろうか。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ