前田敦子と勝地涼、離婚が濃厚との見方広まる…前田のものすごい性格に勝地が限界かの画像1
前田敦子

 別居が報じられていた前田敦子勝地涼夫妻だが、雲行きが怪しくなってきているようだ――。

 夫婦の危機が報じられたのは6月。「NEWSポストセブン」は、勝地が前田と1歳になる子どもと暮らしていたマンションとは別の場所で生活をしており、そこから仕事に通っていると伝えた。

「俳優が家族と住む自宅とは別に仕事部屋を借りているケースは珍しくありません。舞台や映画、連続テレビドラマなど長期にわたる仕事に入ると、“役が抜けない”状態になってしまうタイプの俳優さんもいて、誰かと生活するのが難しくなるんです。独身の俳優でも、映画の撮影などがっつりと取り組まなければならない仕事の期間、日常の生活を断ち切って仕事に集中するために仕事用に部屋を借りる俳優もいます。

 勝地も現在、連ドラ『ハケンの品格』(日本テレビ系)に出演中なので、別居しているからといってイコール夫婦の危機とはいえないとは思いますが」(テレビ局関係者)

 そんな勝地だが、8月3日付「女性自身」ウェブ版は、勝地が知人らとの飲み会の席で、前田との関係について「もう、ウチらはダメですよ。終わってるんで」と語っていたと報じた。

「前田は以前、出演したテレビ番組で、しばしば家でも感情をコントロールできなくなって取り乱してしまうことが多いと告白し、それでもやさしく接してくれる勝地に感謝していると語っていました。ただ、新婚時期ならまだしも、そんなことがずっと重なれば、いくら性格が穏やかな勝地でも、嫌になって家に寄り付かなくなってしまいますよね。

 前田はAKB48時代から、とにかく気難しくて面倒な性格だというのは有名な話でした。現場でも機嫌を損ねると立ち直るのに時間がかかり、撮影やリハーサルなどがストップしてしまうこともあり、とにかくスタッフは前田が気分を害さないように気を遣っていました。以前ほどではないでしょうが、今でもそうした性格が垣間見えることがあるのかもしれません」(業界関係者)

「旦那さんの話はまったく聞かなくなった」

 前田といえば昨年、路上で勝地に激怒している様子を収めた写真が「週刊文春」(文藝春秋)で報じられ、前田の傍らで呆然と立ち尽くす勝地の姿が話題になったこともあった。前田を知る業界関係者はこう話す。

「あっちゃんは独身時代から恋愛で何かあると、すぐ口に出すタイプ。出産後は『育児は大変』『子供は可愛い』などと普通のお母さんがするような話をしていましたよ。でも、旦那さんの話はまったく聞かなくなったので、もしかしたら、あまりうまくいっていなかったのかも……」

 では、前田・勝地夫婦の今後はどうなってしまうのか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ