元NEWSの手越祐也が8月5日、自身初のフォトエッセイ『AVALANCHE -雪崩-』(双葉社)を上梓する。3日には、自身のYouTubeチャンネルで双葉社を訪れて出版を直訴する様子を公開。

 手越は双葉社の編集長に面会し、これまでの体験を基に、自身のポジティブな考え方などが形づくられてきた経緯などを綴りつつ、手越なりの“自己啓発本”のような本を出したいとアピール。これに対して編集長は、「ファンが聞きたいと思っていること、たとえば“あのコト”や“あのコト”や“あのコト”などを書いてほしい」と要求。すると手越は、これまでさまざまなメディアで自身について報じられたことで、事実と違う内容もあったため、モヤモヤを抱えていた部分があるので、真実を伝えたいと語った。続けて、「これまで芸能生活18年、さらに人生32年で嘘をついてこなかった。僕自身は言っちゃってもいいかなと思っている」として、ファンが知りたいことについては極力明かしていく意向を示した。

 ここで編集長は、「ゆきりん(AKB48・柏木由紀)のこととか」と恋愛についても書いてほしいと打診。これを受けて手越は、「僕としてはやましいことはない」と胸を張り、「誤解を払拭したい」と述べた。

 手越はこれまで、小嶋陽菜、大島優子、北原里英などAKB48グループのメンバーと何度も熱愛が報じられた。特に2015年6月に「週刊文春」(文藝春秋)に柏木由紀との“浴衣抱擁写真”が掲載されると、大きな騒動を巻き起こしている。

「この写真は、複数のメンバーで箱根旅行に出かけた際に撮られたものといわれています。浴衣を着た手越と柏木が抱擁している写真ですが、柏木は当時AKB48選抜総選挙で2位を獲得した直後で、特に柏木のファンは本気で恋愛している感覚で支持する傾向があったことから反発も大きく出ました。柏木の所属事務所やAKBの運営は黙秘し続けましたが、それがかえって多くの憶測を呼ぶ結果となりました」(芸能記者)

 手越は当時、恋愛関係については否定しているが、騒動から5年を経てあらためてどのような説明をするのか、関心が高まっている。

『AVALANCHE』では、NEWSの活動や恋愛のほか、自身の半生を振り返る内容が多く詰め込まれているという。「愛した芸能人は15人」「12人は実名」「結婚したいほど好きになった女性は3人」といった告白もある。5日11時から、手越は発売記念の記者会見を開き、その様子はYouTubeでも中継する。ジャニーズ事務所を退所したあとに開いた記者会見でも“手越ワールド”全開だっただけに、今回も笑いを交えたリップサービスを展開することだろう。

 ちなみに手越は、YouTubeの概要欄やTwitterで『AVALANCHE』の発売を宣伝しているが、ことごとく『AVARANCHI』と記載している。自身で設立した会社名も「株式会社AVALANCHE」で著書のタイトルにもしているのに、スペルを間違えてしまうというのも、ある意味で手越らしいのかもしれない。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ