ドトール「コーヒーレモネードソーダ」が「未体験の味わい」と話題に!アイスティー版もの画像1
ドトールコーヒーの店舗

 ドトールコーヒーショップでは、7月16日より「コーヒーレモネードソーダ」(店内飲食:340円、テイクアウト:334円)の販売がスタート。“コーヒー×レモネードソーダ”という異色の組み合わせに、ネット上では「いったいどんな味がするんだろう?」「コーヒーもレモネードも好きだから飲んでみたいな」などと多くの注目を集めています。

 同商品は文字通り、レモネードソーダとコーヒーを融合させたドトールの新メニュー。レモンシロップ・炭酸・コーヒーが絶妙なバランスでブレンドされ、見た目が層になるように仕上がっています。

 コーヒーとレモンの香りを、ほどよい炭酸の刺激とともに味わえるのが同商品の魅力。実際に飲んだ人からは、「レモネードの酸味にコーヒーの風味がマッチしてておいしい!」「シュワッと弾けるコーヒーの味がかなり新鮮だね」「コーヒーのほろ苦さがレモンシロップの甘みと混ざって、体験したことのない味わいが楽しめますよ」など絶賛の声が相次いでいます。

 ちなみに、コーヒーの代わりにアイスティーを使用した「ティーレモネードソーダ」(店内飲食:340円、テイクアウト:334円)も同時に発売中。こちらは、ドトールオリジナルのアイスティーとレモンの香りを存分に楽しめるようです。

 未知なる味に挑んだドトールの「コーヒーレモネードソーダ」を、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

(文=編集部)

※商品の価格は記事作成時の実売価格です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ