NEW
中西貴之「化学に恋するアピシウス」

夏の熱中症予防にはスポーツドリンクよりスイカが最適な理由…低カロリーで食物繊維が豊富

文=中西貴之/宇部興産株式会社 品質統括部
【この記事のキーワード】

, , , ,

 また、酸化的ストレスは細胞に障害を与え有害ですが、地球上の生物の中で酸化的ストレスを最も強く受けているのは植物です。植物は葉緑体で太陽の光を捉え、これを使って生育に必要な糖をつくり出しています。そのため、植物は葉をいっぱいに広げて太陽光を受ける必要がありますが、それは強烈な酸化作用を受けることでもあります。

 そのため、植物は抗酸化物質を大量に生産して、高エネルギー反応により細胞やDNAが損傷を受けないように守っています。そのような天然の抗酸化物質のひとつが、スイカに豊富に含まれるリコピンです。

 リコピンは鮮やかな赤色を呈する化学物質で、抗酸化作用の他にダイエット作用を持つとも言われており、毒性がないため、食品の着色料としても使用されています。

夏の熱中症予防にはスポーツドリンクよりスイカが最適な理由…低カロリーで食物繊維が豊富の画像2
リコピンの構造式

 リコピンは市販のサプリメントでも摂取することができますが、注意すべき点があります。野菜や果物に含まれる抗酸化物質は植物の種類や部位によって違いがありますが、これは重要な意味を持ちます。

 抗酸化物質は一般に、特定の分子(DNAなど)損傷に対して効果を持ちます。あらゆる細胞酸化に効果のある万能の抗酸化物質などは存在しません。特定の抗酸化物質だけをサプリメントで大量に摂取すれば、かえって体内の酸化・還元反応のバランスが崩れて、体に悪影響を及ぼすことになりかねません。

 したがって、いくらリコピンに強い抗酸化作用があるといっても、それら数種類を含む栄養剤に依存するのではなく、多種多様な野菜や果物を食べて、さまざまな抗酸化物質を摂取するのが理想です。

 おいしいスイカを食べて、不快な夏を健康に乗り切りましょう。

(文=中西貴之/宇部興産株式会社 品質統括部)

【参考資料】
『マギー キッチンサイエンス -食材から食卓まで-』(共立出版/Harold McGee 著、香西みどり監訳、北山薫、北山雅彦訳)

『ココが知りたかった!改正化審法対応の基礎』 化学物質や製品を扱う企業が避けて通れない道、それが「化審法の手続き」。担当になった者は先輩方からいろいろ教わるものの、なかなか難解でなんだかよくわからない……。かといって、わからないでは済まされないし……どうすればいいんだろう!? 本書は、化審法実務のエキスパートが、長年の経験から、実務上で躓きやすいポイントを徹底抽出。わかりにくい部分を、かみ砕いて解説しました。2019年改正にも対応済みなので、すぐに実務で活用していただけます。「化審法に関わるようになってしまった」「化審法に関わることになってしまいそう」そんな方々に必携の1冊です。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事