小倉優香、ラジオ降板騒動の裏に“月収4000万円”の恋人・朝倉未来の存在かの画像1
2020年2月にKADOKAWAより発売された朝倉未来の著作『強者の流儀』

 暴走族の副総長という経歴を持ち、“路上の伝説”という通り名で知られる格闘家の朝倉未来(28)。“不良の更生”を目的とした格闘技団体「THE OUTSIDER」で二階級王者となり、現在では地上波でも放送されるメジャー団体「RIZIN」の中心選手として知られる彼の発言に注目が集まっている。

 朝倉は、8月3日より日刊スポーツにおいて開始された新連載「YouTuberが新聞に!!」に登場。この連載は、YouTuberとして話題となった人物に話を聞くという記事で、格闘家として活躍するかたわら、YouTubeにおける公式チャンネルの登録者数136万人をかぞえる人気YouTuberとしての顔をも持つ朝倉に、人気の秘訣を聞く……といった内容となっている。

「朝倉はこのなかで、自身が人気を獲得した理由について、『ちょっと他の人と違うからだと思う、テレビでうける人はオーバーリアクションで、面白くないものにも同調できる人。僕は面白くないものには笑わない』と分析。今後については、『“YouTubeの人”にはなりたくない。総合格闘技を有名にしたかったけど、僕自身が有名になるのは理想じゃない』と、長期にわたって続けるとは限らないことを示唆するような発言をしていましたね」(芸能ライター)

 さらにこの記事のなかで朝倉は、7月16日に17歳11カ月という史上最年少で棋聖のタイトルを獲得したプロ棋士・藤井聡太に対し、自身のYouTubeチャンネルへの出演オファーをしたことを告白。「将棋じゃかなわないですから」と、オセロでの勝負を持ちかけたものの、断られたという。

「今回のこの朝倉の記事についてネット上では、『こういうヤンキー出身の人って、なんか人気集めるよね』『こういう生き方をできるのは、それはそれですごい』と評価する声もあるものの、『人気はあるんだろうけど、さすがに調子に乗りすぎてない?』『正直、魅力がまったくわからないな……』という疑問の声も上がっています。特に、藤井棋聖とのコラボを持ちかけた件に関しては『さすがにリスペクトがなさすぎる』『藤井君がこの人の飯のタネになる理由がないでしょ』など、批判するような意見も多く見られますね」(同)

交際相手の小倉優香と朝倉未来との“本当の”関係は?

 朝倉といえば、7月26日にYouTubeに投稿された「最近についての語り」という投稿動画のなかで、YouTubeを開始した初月の月収が400万円であり、現在ではその10倍以上を稼いでいるという発言をしたことが記憶に新しい。この際には、「本当にそんなあるの?」「さすがに話を盛っているのでは……」など疑問の声も多く上がったが、今回の日刊スポーツの記事でも彼の年収について「単純計算で、すでに月収4000万円超とみられる」などといった記述があり、どうやら嘘ではないようだ。

「また、同時に注目されているのが、1月に朝倉との交際が報道されたグラビアアイドル・小倉優香との関係です。小倉といえば、7月29日に出演したラジオ『アッパレやってまーす! 水曜日』(MBSラジオ)の終了間際に、『(この番組を)辞めさせてください』と、自身の降板を番組内で突然直訴するという前代未聞のニュースで話題となったばかり。実際、この騒動の翌週にあたる8月5日の収録には小倉は不参加となることが発表されるなど、その後の展開にも注目が集まっています。

 一部では、朝倉の今回の“月収4000万円”発言と合わせて、『小倉ももう朝倉との結婚を見据えていて、芸能界はどうでもいいのかもね』『彼氏がこれだけ稼げているなら、強気な発言も納得できる』という声も少なくありません」(同)

 小倉が本当に朝倉との結婚を考えているのかはわからないが、「交際相手にそれだけの収入があれば、確かにそういう気持ちになるのもわからないではない」と世間に思わせるほどに、朝倉の人気や露出が高まりつつあることだけは間違いないようである。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ