『サンジャポ』視聴率15%超えで『ワイドナショー』に圧勝の裏側…TBSの若返り戦略の画像1
TBS放送センター(「Wikipedia」より)

 日曜朝のテレビに異変が起きている。一時期は『ワイドナショー』(フジテレビ系)に猛追されていた『サンデー・ジャポン』(TBS系)が、息を吹き返しつつあるというのだ。いったい、何が起きているのだろうか。まずは、両番組の最近の視聴率を比較してみよう。

「7月26日放送の『サンジャポ』の視聴率は世帯13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人でも6.7%と、かなり高い数字を誇っています。この日のTBSは朝6時から深夜4時まで全40番組くらいありましたが、その中でも堂々の3位です。1位は『半沢直樹』の22.1%、2位は『サンデーモーニング』の16.2%で、それらに次ぐ記録なのです。

 ちなみに、同じ26日の『ワイドナショー』は世帯7.7%、個人4.0%。つまり、『サンジャポ』は宿敵に6%の差をつけて、完全勝利しているのです」(芸能ライター)

 特に記録的だったのが、7月19日だ。この日の視聴率は『サンジャポ』が15.8%(個人8.0%)という怪物的な数字に対し、『ワイドナ』は8.2%(個人4.3%)。なんと、『サンジャポ』は『ワイドナ』に7.6%もの大差をつけていたのだ。

 この状況に、『サンジャポ』の高視聴率は『サンデーモーニング』からの“おこぼれ”があるからだと思った読者も多いかもしれない。しかし、実際はそうではないようだ。

 たとえば、約1年前の2019年8月4日。この日の『サンデーモーニング』は世帯で14.7%とハイアベレージを誇っていたのに対し、その直後の『サンジャポ』は8.5%と、視聴率は6%以上も下落しているのだ。ちなみに、この日の『ワイドナショー』は8.0%。1年前までは、0.5ポイントの僅差で『サンジャポ』を猛追していた。

 では、なぜ『サンジャポ』は大復活を遂げたのか。その理由について、テレビ局関係者は語る。

「これまで『サンジャポ』は、ある意味で“内輪の笑い”を番組のカラーにしていました。“サンジャポジャーナリスト”と称する特派員たちが、カメラ手前にあるマイクまでダッシュしてきたり、タレントの囲み取材にわざわざ3人でやってきてマイクを向けたり。さらに、“ご意見番”として『アウト×デラックス』(フジテレビ系)でもおなじみの矢部美穂とその母・文子さんを登場させたり。

 また、タレントの写真が使えないときは、わざわざガリットチュウの福島善成にモノマネさせていました。それに対してスタジオで失笑するというのがお決まりのパターンでしたが、去年あたりから、それらを完全撤廃したのです。

 さらに、コロナ禍に対応したのか、テリー伊藤やデーブ・スペクターといった古参のレギュラーを別セットからリモートで出演させ、藤田ニコルや、みちょぱ、さらには人気ユーチューバーのヴァンゆんといった若い面々をスタジオの最前線に投入。いわば、若返りを図ったのです。

 これによって、扱うネタは同じでも清潔感やフレッシュさが出ました。また、スタジオセットやテロップのロゴといった細かい部分もポップに“装飾”しています。つまり、リニューアルしているのです」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ