本書は仕事をする上でのマインド面とスキル・ノウハウ面の双方から、「デキる若手社員」と言われるようになるための方法を伝授してくれる。

 「デキる社員」とは、もちろん成果を出すし、一緒に仕事にしていて気持ち良いと思わせてくれる社員のこと。そんな彼らがやっていることが本書に詰まっている。本書で学んだことは、きっと一生レベルで自分の役に立ってくれるに違いない。

 新入社員や若手社員はもちろんのこと、教える立場である管理職や中堅社員にとっても自分の身を省みることができる一冊。部下から「こんな上司に会いたかった!」と言われる上司の言動とはどのようなものか、ぜひ参考にしてみてほしい。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事