小島瑠璃子のあざとすぎる熱愛発覚に重大な疑惑も…「男は顔」「私の年収」騒動が再燃の画像1
小島瑠璃子

 タレントの小島瑠璃子と、大人気漫画『キングダム』の作者である原泰久氏の熱愛報道が話題となっている。

 8月3日発売の「週刊ポスト」(小学館)が報じた内容によると、小島は7月下旬に原氏の自宅がある福岡県を訪れ、買い物や映画鑑賞を楽しんだ上に、縁結びの御利益があるといわれる志賀海神社を参拝するなど、仲睦まじい様子を見せている。2人が手をつないで歩く様子やエスカレーターで小島が後ろから原氏をハグする写真も掲載されており、小島は原氏のマンションに2連泊したという。

『アッコにおまかせ!』(TBS系)や『サタデープラス』(同)などに出演し、幅広く活躍している小島。以前から『キングダム』の大ファンであることが知られており、2015年5月放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、「キングダム芸人」というテーマで美少女剣士・羌(キョウ)カイのコスプレで登場したこともある。この際、原氏がツイッターで小島のコスプレに触れ、小島が「きゃー嬉しいです」と応じるなど、今となっては意味深なやり取りも交わされている。

 さらに、19年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)で2人は初対面を果たす。小島がミステリーハンターとして『キングダム』の舞台である中国や原氏の仕事場を訪れるという内容で、小島は「はじめまして! ずっとお会いしたかったです」とファンであることをアピールし、原氏も「僕もです」と応じていた。

「小島が原氏の仕事場を訪れた際には『ダメだ。涙腺ポイントが多すぎる』と原画などを見て涙を流したり、とにかく『キングダム』への愛情が伝わってくる内容でした。その後、熱愛が報じられたことで、ネット上では『すげーな、こじるり。着実に距離を縮めてゲットしたのか』『本当にファンなんだろうけど、いろいろあざとすぎる』といった反応もみられます。

 また、原氏には妻と3人の子どもがいることが知られていますが、現在は独身のようで、小島との交際に発展したようです。離婚の時期などについて詳細は明らかになっていませんが、一連の時間軸から『略奪愛だったらイメージダウンだな』『離婚前に交際がスタートしていなければいいが……』という疑惑も生まれており、小島のタレントイメージを心配する声も上がっています。

 さらに、コロナ禍で芸能人の旅行が批判される中で福岡に出かけていたということで、『この時期に東京から福岡に行ったの?』とその行動自体を疑問視する意見もみられるほか、マスクをしているとはいえ2人で密着している写真も報じられています。そのため、今回の熱愛報道は世間的に“モヤモヤするポイント”が多いようです」(週刊誌記者)

 小島といえば、今年4月にインスタグラムのライブ配信で理想の男性について「一緒にいて、お金のことを考えないでいられる人がいい。私の年収に引かない人がいい」と発言し、話題となった。一方、『キングダム』が累計発行部数6600万部を誇る原氏の年収は億単位とも言われる。そのため、ネット上では「ちゃんと理想の相手を見つけていてすごい」「まさにこじるりの年収に引かない人?」という声が上がっている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ