山下智久、女子高生と淫行の疑い…ジャニーズは不問か、「倫理的に許されない」の声もの画像1
ジャニーズ事務所

「もしHuluで世界展開されている(ネットドラマ)『THE HEAD』の配信になんらかの影響が出ると、シャレにならない事態になりかねない。若手のジャニタレや手越祐也などが単に“合コンやってました”みたいな問題とは次元が違うんです」(テレビ局関係者)

 7日付「文春オンライン」は、人気ジャニーズタレントの山下智久が女子高生と飲酒を共にし、さらに“お泊りデート”をしたと報じた。記事によれば、山下はその日、同じくジャニーズ事務所所属の亀梨和也や知人ら数人で飲み会に興じた後、そこに同席していた女子高生とホテルで合流して同じ部屋に宿泊したという。

「『文春』によれば、山下とお相手の女子は約8時間にわたってホテルの一室で時間を共にしたということなので、いわゆる未成年への淫行に対する処罰を定めた東京都の条例にひっかかる可能性もあります。ジャニーズ事務所は『文春』の取材に対し、飲み会の部分については詳細に説明をしていますが、宿泊に関しては回答を避けており、これは“否定できなかったため”と受け止められます」(週刊誌記者)

 ジャニーズといえば昨年以降、ジャニーズJr.のMADEの秋山大河が女優、神田沙也加との不倫が報じられ、HiHi Jetsの橋本涼と作間龍斗にも女性問題が浮上。さらには今年1月にデビューしたばかりのSnow Manのリーダー・岩本照が、未成年女性らとホテルで飲酒を伴う合コンに興じていたことが明るみに。そしてコロナ自粛下での再三にわたる飲み会が災いとなり活動休止処分を受けていた元NEWSの手越祐也が、6月に退所に追い込まれるなど、スキャンダルが絶えない。

 もっとも、そのたびに事務所は問題を起こしたタレントを活動休止にするなど厳しい処分を下し、しっかりと“けじめ”をつけてきたことは事実だ。

「昨年、所属タレントの素行に厳しいとされる滝沢秀明が副社長に就任。秋山の件ではMADEを解散させ、秋山は事務所を退所。さらに手越まで退所にまで追い込まれるなど、毅然たる態度で不祥事に対応しているようにみえます。

 ただ、今回の件については“不問”にする方向のようです。昨年以降、錦戸亮、中居正広、長瀬智也など有名どころの退所発表が相次ぎ、さすがにこれ以上、退所者が続くとまずいというのが理由の一つ。もう一つの理由は、山下が俳優枠だという点です。山下は一昨年は2本、昨年は1本の連ドラ主演をこなし、映画にも出演。さらに今年6月にHuluで世界同時配信されたドラマ『THE HEAD』にもメインキャストとして起用されていますが、事務所にとってコンスタントにドラマや映画で主役を張れるタレントというのは、非常に貴重な存在なんです。山下を手放したくないというのが本音でしょう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ