野村周平、他の俳優マネージャーが“警戒”する理由「野村くんとは遊ばないで…」の画像1
都内クラブのインスタグラムに掲載された野村周平の写真(編集部にて一部加工)

 9月22日から5週連続で放送されるテレビドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(カンテレ・フジテレビ系)に、今年4月までアメリカに留学していた野村周平が出演すると発表された。野村は約1年半ぶりのドラマ出演となる。

 野村といえば昨年、自身のTwitter上で一般人に対して暴言を吐いたり、都内のクラブで酒に酔いタバコをくわえてシャンパンボトルを握った姿で、大胆に肌を露出させた下着姿の女性3人と一緒に撮影された写真がインターネット上で拡散されるなど、たて続けに騒動を起こしていた。そして昨年6月にはアメリカへ留学すると報じられたのだが――

「留学報道の直前には親友の元KAT-TUN、田口淳之介が違法薬物所持の疑いで逮捕され、逮捕4日前に野村と仲良さそうに肩を組んでいる写真が田口のTwitterに投稿されていたこともあり、留学をめぐってはさまざまな観測も流れていました。

 もともと野村は中国語をネイティブ並みに使え海外志向が強かったことが、留学の理由ですが、タイミング的に海外留学を理由に当分の間、日本を離れてくれるのは、所属事務所としても都合がよかったという面もあるでしょう。また、野村の事務所は芸能ビジネスの海外展開も進めているので、留学を契機に野村が国際派俳優に育ってくれることに期待していると思いますよ」(業界関係者)

 野村は6月22日付「GQ JAPAN」ウェブ版のインタビュー記事で、コロナ禍による自粛期間中をどう過ごし、何を思ったかなどを語っている。ゲーム『どうぶつの森』にハマったり料理の腕が上がった話に加え、アウトドアな性格から今の状況は辛いとも明かしている。

「帰国し、大阪での撮影が始まってからは撮影の合間に共演者と出かけることもあるようです。神戸出身の野村くんは大阪にはかなり詳しいですからね。共演者に『美味しいお店を紹介するよ!』なんて楽しげに話しているようです。ただ、野村くんはこれまでもいろんな噂があったので、他の俳優のマネージャーなどからは『野村くんとは遊ばないでほしいな……』なんて声も聞こえてきます。もっとも、マスコミには嫌気がさしているようで、帰国したところで週刊誌に追われることも避けたいということで、SNSでの発言も自粛しているようです。

 今、芸能界はちょっとした不祥事が命取りになる時代。最近だとクラブ好きの若手人気俳優の北村匠海も、俳優のマネージャーの間では“自分のところのタレントと遊ばせたくない俳優”として挙がります。もっとも、そんな2人へのオファーが減らなのは、やはりずば抜けた演技力があるからだとは思いますが」(芸能事務所関係者)

 留学でしっかり充電した野村の活躍に期待したい。

(文=編集部)

 

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ