石田純一、3度目の離婚が濃厚か…美女お持ち帰り報道でちらつく不倫、妻・東尾の限界の画像1
東尾理子の公式ブログより

 ついにあの“元祖トレンディ俳優”も年貢の納め時か――。

 8日3日付「週刊女性PRIME」記事で、福岡の飲食店やスポンサーの社長宅で合コン後に美女を“お持ち帰り”したり、ゴルフに興じていたと報じられていた俳優の石田純一。6日にはラジオ番組『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)に出演し、報道について「まったく言っていないことを書かれて困っている」「100%仕事で行った福岡でした」と憤慨。さらに「週刊女性」の取材に対して石田が「(新型コロナウイルスに1度)なっちゃってるからこそ、本当にならないらしいですよ」と発言したとの記述についても、「言うわけないじゃないですか」と否定した。

 しかし、報道を真っ向から否定されたかたちの「週刊女性」は“逆襲”に出た。11日付記事で、石田の福岡滞在時の行動や、直撃取材時の一問一答をより詳細に報じ、さらに酒に酔った石田が笑顔で女性と顔を寄せ合う合コン時の写真も掲載されている。週刊誌記者は語る。

「石田の所属事務所はマスコミ各社に対し、“お持ち帰り”の部分は報じないように要請していましたが、週刊誌と夕刊紙までは押さえることはできず。報道自粛を求めたこと自体を報じられてしまう羽目になり、かえって“不倫”というイメージが信憑性を帯びるかたちで世間に印象づけられる結果となってしまいました。

“ここは報じないでほしい”といった交渉が通じるのは、事務所とメディアの間で日頃から“お互い様”の関係が築けている場合のみです。メディア側も大した付き合いもない事務所からいきなりそんなことを言われれば、反発するだけですよ」

 石田といえば、4月に沖縄を訪問しゴルフをプレイ中に体のだるさを感じ、飛行機で帰京直後に新型コロナウイルス感染が確認され入院。沖縄訪問直前に関東のゴルフ場でプレイし、そこで食事会に参加した女性2人もコロナに感染したと報じられていた。その後、緊急事態宣言が解除されたばかりの5月31日、都内のレストランで知人らと食事をした直後の行動を、6月9日配信の「Smart FLASH」と「WEB女性自身」で報じられていた。

「石田が酔ってヘロヘロ状態のまま道路の真ん中を蛇行したり、今にも嘔吐しそうな険しい表情でうつむきながら立ちすくむ様子は、世間に衝撃を与えました。石田は退院後も飲み会やゴルフをやめない理由について、収入源であるイベント出演などの仕事を獲るためのスポンサー企業への営業だから仕方ないと説明し、『週刊女性』の取材にも『スポンサーさんに誘われたら、ゴルフでも、3密と言われている食事会でも、そりゃ行くでしょ。それを叩かれたって大いにけっこう』とまで言い切っていますが、そうした行動が、結果としてますます今後の仕事を減らすことにつながっている現実に、本人が気づいていないように感じます」(スポーツ紙記者)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ