NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『MIU404』絶賛ムードに抱く違和感の正体…“毎週見逃せない”『半沢直樹』との違い

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

『MIU404』絶賛ムードに抱く違和感の正体…毎週見逃せない『半沢直樹』との違いの画像1
金曜ドラマ『MIU404』|TBSテレビ」より

 世帯視聴率は手堅く10~12%あたりをキープ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ネット上のコメントを見ても絶賛の声が目立ち、批判の声はめったに見かけない。

 同じTBSが放送している『半沢直樹』ほどの派手さはないが、“それなりのヒット作”となっている『MIU404』(TBS系)。

 ただ、当初から絶賛ばかりで極端に批判が少ないことに違和感を抱き、その思いは週を追うごとに増していった。“それなりのヒット作”となっていることこそが、違和感の正体だったのだ。

バリエーションの豊富さは諸刃の剣

『MIU404』は警視庁機動捜査隊(通称・機捜)が「24時間」というタイムリミットの中で犯人逮捕に挑む一話完結の物語だが、ここまで絶賛の理由となっているのは、主に「バリエーション豊富なストーリー」と「魅力的なバディ」の2点。

 まず各話のストーリーは、あおり運転、拉致監禁、イタズラ110番通報、1億円横領で逃亡、同時コンビニ強盗、バディの過去を救う、指名手配犯を追跡など、他の刑事ドラマと比べてもバリエーションに富んでいる。これは『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』らを手がけた脚本家・野木亜紀子によるもので、その力量を踏まえれば、当然のことかもしれない。実際ここまでは各話のテーマも、解決までの展開も、週替わりで違いを見せることで視聴者を引きつけてきた。

 しかし、野木のオリジナル作というだけで条件反射的に絶賛の声を上げるファンが多い一方、そうでない人は「先週はあれだったから今週はこんなのはどう?」という作り手の作為を過剰に感じて没頭しづらいところがある。「批判するほどではないけど、いまいち楽しめない」という人もいるのだ。『アンナチュラル』もそうだったが、バリエーションを見せるタイプのドラマは質の高低にかかわらず、作り手が思っている以上に見る人を選んでしまう。

 一方、伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)を魅力的なバディに見せているのが、チーフ演出家の塚原あゆ子。『アンナチュラル』『中学聖日記』『グランメゾン東京』らを手がけた監督であり、対照的な性格の2人が本物のバディになっていく過程を躍動感たっぷりに映し出している。

 ただ、「機動力と運動神経はピカイチだが、刑事の常識に欠ける野生のバカ」と「観察眼と社交力に長けているものの、自分も他人も信用しない理性的な男」という組み合わせはド定番であり、その既視感こそが「絶賛ばかり」の違和感につながっている。「気鋭の脚本家と演出家の手がけるドラマが、何で今さらそんな使い古されたキャラクターなの?」と感じずにはいられない。

国民的ドラマにはなれない悲しさ

 では、絶賛の声が多いのに、批判がほとんどないのはなぜなのか? その答えは刑事ドラマというジャンルにある。

 刑事ドラマは現在、『刑事7人』『警視庁・捜査一課長2020』『未解決の女 警視庁文書捜査官』(いずれもテレビ朝日系)、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)を含め、計5作が放送中。さらに今後も、『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』(TBS系)、『DIVER-特殊潜入班-』(フジテレビ系)、『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(テレビ東京系)、そして『相棒』(テレビ朝日系)らの放送が予定されている。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ